外反母趾とランニングシューズ

外反母趾。

つらいですよね…。

多くの方がお悩みになられています。

実はこの外反母趾。

原因はたくさんありますが、

ランナーの場合、

シューズが原因で起こっていること

が圧倒的に多いんです。

足幅が狭く、内股である人に多いです。

その理由とは…

 

①ランナーが外反母趾になる理由

ランナーが外反母趾になるメカニズムとは…。

足幅が狭い→合う靴がない→
緩いシューズを履く→足底に必要以上の力が入る→
内股の人は特に拇指球に力が入る→
身体の防御反応により骨が出っ張る

女性の陸上選手にとても多い。

内股で足幅の細い選手が、合わないシューズで走りまくっていると、
必ず外反母趾になります。

 

②外反母趾の方の多くがこのパターン

外反母趾は痛いです((+_+))

痛いので、その部分が当たらないような靴ばかりを選んでしまう。

すると、更にその部分に負荷がかかる。

外反母趾はどんどん酷くなる。

これを繰り返します。

負のスパイラル完成です…((+_+))

その部分が痛いからといって、その部分が当たらないような
緩いシューズを履いている限りは、どんどん悪化していきます。

しかも、常時緩いシューズを履いてしまうことにより、
足首、膝、腰などにも大きな負担が掛かります。

緩いことの弊害についてはこちら

 

③外反母趾が酷くなるのを食い止める

外反母趾を気にして、緩いものを選んではいけません。

では、どうするか?

1、「外反母趾が当たっても痛くないシューズを選択する」

2、「土踏まずが上がっていないシューズを選択する」

です。

1、「外反母趾が当たっても痛くないシューズを選択する」

メッシュが柔らかいものを選ぶと良いですね。

一般的に外反母趾になる方は足の形が細いですから、

足の形とシューズが合っていることが大前提です。

 

②「土踏まずが上がっていないシューズを選択する」

土踏まずが高く作られているシューズは

一般的に

「体重を誘導する構造になっている」んです。

つまり、

踵→足の外側→拇指球

の辺りが体重が掛かりやすいような構造になっている。

分かりやすく言うと、

「外反母趾の部分に力が入りやすい構造になっている」

ということです。

【まとめ】
外反母趾の方は、
①足の形に合ったものを選ぶ
②外反母趾の部分が当たっても痛くないような
メッシュ部分が柔らかいものを選ぶ
③体重移動を誘導するようなシューズを選ばない

この三つを守ることで、
外反母趾が酷くなるのを防ぐことが出来ます。

繰り返しますが、外反母趾の方は緩いシューズを
履いてしまうことが多いため、
アキレス腱炎、足底筋膜炎、坐骨神経痛などに
悩まされていることが多いです。

シューズを変えるだけで、痛みが消えるかも知れませんよ!

*****************************************
【シューズコンサル受付中!!】
申し込み欄に「サロマンブルー」と記載して頂くと、コンサル料が半額となります。
この機会にご相談下さい!
(7月内の申し込みに限り、実施期間は8月末まで。)
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/consulting_saromanblue/
*****************************************
LINE@始めました!
これから音声を中心に発信していきます!!
ご登録はこちらから↓↓
「北川司公式LINE@」
https://line.me/R/ti/p/%40nxs8891g
*****************************************
2018年度のメニューを一新しました!!
詳細はこちら
http://tsukasakitagawa.com/menu2018/
*****************************************
マラソン快走のための必読書
「フルマラソン快走のための手引き」
無料配布中!!
是非ご入手下さい!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
*****************************************

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。