マイナスをするという考え方

人は、不安になると、

「あれも必要かな?」
「これも必要かな?」

と現状に何かをプラスしようとする。

例えば、

「走ると脚が痛くなるから、クッション性のあるシューズを履いた方がいいかな?」

とか

「脚の痛みの予防にテーピングを貼ろうかな?」

とか

「不安だからインソール入れようかな…?」

 

いやいや、ちょっと待ってください。

 

あなたは自身の身体の機能を十分に使えていますか?

自身の身体のことを分かっていますか?

何かに頼る前に、ご自身の身体をよく知ることが大切です。

 

自分も数年前までは、痛みや違和感が出た時は物に頼っていました。

でも一向に解放されることはありませんでした。

 

知るために手っ取り早かったのは…

「身に纏っているものを脱ぎ捨てること」

脱ぎ捨てた状態で痛みや違和感が出る場所が、その人の本当に弱いところ。

そこを強化したり、柔軟性を高めたりしていけばいいんです。

物に頼っている限りは、本当の意味で

痛みや違和感から解放されることはありませんよ!

何をやっても痛みから解放されない…

という方、一度身に着けているものを取っ払ってみて下さいね(^^♪

新しい発見がありますよ!

*****************************************
【シューズコンサル受付中!!】
スポーツショップB&D様で行えるようになりました!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2018_3/
*****************************************
LINE@始めました!
これから音声を中心に発信していきます!!
ご登録はこちらから↓↓
「北川司公式LINE@」
https://line.me/R/ti/p/%40nxs8891g
*****************************************
2018年度のメニューを一新しました!!
詳細はこちら
http://tsukasakitagawa.com/menu2018/
*****************************************
マラソン快走のための必読書
「フルマラソン快走のための手引き」
無料配布中!!
是非ご入手下さい!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
*****************************************

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。