膝の痛みとランニングシューズ(鵞足炎)

本日は鵞足炎のお話。

昨日、腸脛靭帯炎のお話をしました。
記事はこちら

鵞足炎とは、腸脛靭帯炎同様、ランナーにとても多い疾患です。
腸脛靭帯炎が膝の外側なら、鵞足炎は膝の内側です。
こちらも、なかなか良くならない方が多いですね。

鵞足炎は腸脛靭帯炎と違い、痛みが出る原因が様々です。

ですが、ひとつだけ言えること。

それは

「自分自身の身体の使い方」

が原因であるということ。

腸脛靭帯炎同様、痛みがあるところをグリグリ触っても
悪化するばかりで何の解決にもなりません。

痛みの原因は足元にあるかも知れません。
先ずは、簡単にできること。
以下の2ステップで行ってみて下さいね。

①足の裏を機能的に使えるようにする

②ランニングシューズは平らなものにする

 

①足の裏を機能的に使えるようにする

鵞足炎になる方は、偏平足であることが多いです。

偏平足であると、膝が内側に倒れ込みやすいため、
炎症が起こるリスクが常に伴う。

ということです。

とても地味ですが、アーチを作る運動を行っていきましょう。

痛みの根源=足元

です。

 

②平らなものを選ぶ

一般的にオーバープロネーション抑制のためのシューズは、

踵→小指球→拇指球

とご丁寧に体重移動するように作られています。

オーバープロネーションとは?

つまり、最終的に

拇指球に乗るときに過剰な「体重移動」が起こります。

この「体重移動」こそ、鵞足炎が治らない原因なのです。

一度、「平ら」なシューズを選択することをお勧めします。

アーチサポートというメリットはデメリットにもなり得る。

頭の片隅に入れておいて下さいね。

*****************************************
【4月1日より内容・価格改定します!】
お申込みはお早めに!!
今の内容でお受け出来るのは、3/31お申込み分まで!!
(6月末日までの日程でお受け致します。)
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2018_1/
*****************************************
2018年度のメニューを一新しました!!
詳細はこちら
http://tsukasakitagawa.com/menu2018/
*****************************************

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。