シューズのwideモデルって本当にワイド?

ランニングシューズにはwideモデルがあるものがあります。

このwideモデルについて大きな勘違いが!

それは、
wideモデルもレギュラーモデルも
ラスト(木型)は変わらない!

ってことです。

えぇ~。

驚かれる方も、多いと思いますが、
同じモデルの同じサイズのインソールを取って比べてみて下さい。

では、何が違うのか?

想像に難くないと思いますが、

アッパー(上のメッシュの部分)で調節をしているのです。

 

【ラスト(木型)の作成には費用と時間が掛かる】

これも想像に難くないと思いますが、

一つのラストを作成するのに、多額の費用と時間が掛かります。
一種類のシューズで何個も作っていたら割に合いませんよね?

そこで、メッシュで調整をしているのです。

 

【では、どんな人がwideモデルか?】

イメージとして

「足がゴツい」人です。

足元は変わらず、メッシュだけ広いわけですから、

「足幅は広いけど、甲が低い人には合わない」

ということです。

数学的に考えると、

底面積は変わらず、体積が大きいわけですから、

当然といえば当然です。

そういう方はワイドモデルを選ぶのではなく、
シューズの種類を変えた方が良い、ということになりますね。

 

【足の甲とアッパーのメッシュとのすき間が大きいものはトラブルの元】

「メッシュと足の甲のすき間」があるシューズは要注意です。

靴の中で足が動く原因となってしまいます。

「緩い」シューズと同様、なるべく回避するようにしましょう!

「緩い」シューズの記事は、こちら

 

【逆もまた然り】

slimモデルも同様にラストの形は同じです。

幅の狭い人がslimモデルを選んでも、緩いまま…。

他のシューズを選びましょう!

 

ちょっとしたことを知るだけで、シューズ選びは変わります。

シューズ選びが変われば、故障のリスクが減ります。

故障のリスクが減ると、ランニングが楽しくなります。

ランニングが楽しくなると、人生が変わります。

そんな記事をこれからも書いていきたいと思います。

*****************************************
【北川司マラソン塾始めます!!】
①サブスリー塾
②サブ3.5塾
詳細はこちら↓
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/marathonjuku/
*****************************************
【伸び代診断実施中!!】
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/nobishiro_shindan/
*****************************************
【シューズコンサル受付中!!】
スポーツショップB&D様で行えるようになりました!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2018_4/
*****************************************
【北川司マラソン塾!遂に開講!!】
1)サブスリー塾
2)サブ3.5塾
※詳細は11/26公開します。
*****************************************
2018年度のメニューを一新しました!!
詳細はこちら
http://tsukasakitagawa.com/menu2018_2/
*****************************************
マラソン快走のための必読書
「フルマラソン快走のための手引き」
無料配布中!!
是非ご入手下さい!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
*****************************************
フルマラソンを楽に走り切るための秘訣、遂に公開!!
今なら無料で「フルマラソン快走のための手引き」を差し上げています。
これはフルマラソンを快走するために必要な知識を纏めたものです。
「フルマラソン快走のための手引き」を入手する
これを読んで、フルマラソンを「快走」しましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。