【adizero takumi】「sen(ren)」 と「sen(ren) boost」の違い

前回の記事で、
senrenの違いについて書きました。

renは内側接地する人向けのシューズであり、
外側接地の方が履くシューズではない」

「外側接地であれば、多少薄いと感じてもsenを履くべき」

記事の詳細はこちら

 

さて、今回は2015年より発売になった

adizero takumi sen(ren) boost」(以下、sen boostと記述)

それまでの

adizero takumi sen(ren)」(以下、senと記述)

と極めて大きな違いを書いていきたいと思います。

boostが入ったってことじゃない?

もちろんこれは大きな変更点((+_+))

これだけなら記事にしません!笑

実は

このこと以上に大きな変更があるのです。

 

この話を覚えているでしょうか?

シューズの屈曲点。

記事はこちら

これはシューズを選ぶ上で大切なポイントです。

下の2つの写真を見て下さい。

019254a28cb59ed09d83fd2eff3f52177a712c5b5d

上がsen。

下がsen boost。

01f8febd12c96da3e2324030c66e793266d01c3dbf

………。

こんなに違うんです!

こんなにも曲がるところが違うんですよ!

 

これだけ違うのだから、

履いた感触が全く違うのは当たり前なんです。

最も大きな変更点…

「屈曲点の位置」

です。

このため、

このシューズを履くとスピードが出る!

という方と

全然合わない…。

という方にはっきり分かれます。

 

つまり…

sen boostは

つま先接地(踵が殆ど接地しない)のランナー向きのシューズ

ということになります。

 

これが、踵接地の自分にとって

sen boostがあまり走りやすくない理由です。

※renとren boostの違いも同じです。

 

是非、ご自身のお持ちのシューズを曲げてみて下さいね。
面白い発見があると思いますよ!

*****************************************
【北川司マラソン塾始めます!!】
①サブスリー塾
②サブ3.5塾
詳細はこちら↓
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/marathonjuku/
*****************************************
【伸び代診断実施中!!】
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/nobishiro_shindan/
*****************************************
【シューズコンサル受付中!!】
スポーツショップB&D様で行えるようになりました!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2018_4/
*****************************************
【北川司マラソン塾!遂に開講!!】
1)サブスリー塾
2)サブ3.5塾
※詳細は11/26公開します。
*****************************************
2018年度のメニューを一新しました!!
詳細はこちら
http://tsukasakitagawa.com/menu2018_2/
*****************************************
マラソン快走のための必読書
「フルマラソン快走のための手引き」
無料配布中!!
是非ご入手下さい!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
*****************************************
フルマラソンを楽に走り切るための秘訣、遂に公開!!
今なら無料で「フルマラソン快走のための手引き」を差し上げています。
これはフルマラソンを快走するために必要な知識を纏めたものです。
「フルマラソン快走のための手引き」を入手する
これを読んで、フルマラソンを「快走」しましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。