「練習用」と「本番用」は使い分ける?

多くのランナーは

「練習用」と「本番用」でシューズを分ける。

もちろんシューズの耐久性の問題があるため、全否定は出来ないけど、

基本的にシューズを分けることはナンセンスかと思う。

 

そもそもランニングシューズはその商品毎にまったく構造が異なる。

異なるということは、

「両方のシューズが完璧に合っているということはない!」

ということです。

言い換えると、

どちらかのシューズは妥協して履いている。

ということ。

であるならば、

「完璧に合うシューズを探して、そのシューズを何足か買って、使い回した方が良い。」

ということになります。

あなたは、

練習用は分厚いシューズでなきゃいけない!

とか

練習用と本番用は分けなければいけない!

決めつけていませんか?

結果的に

練習用として履いているシューズで怪我をする。

ということになってしまうのです。

あなたは

無理に練習用のシューズを履いていませんか?

もしかすると故障の原因はそこにあるのかも知れませんよ。

*****************************************
【シューズ診断実施中!!】
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/nobishiro_shindan/
*****************************************
【シューズコンサル受付中!!】
スポーツショップB&D様で行えるようになりました!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2018_4/
*****************************************
2018年度のメニューを一新しました!!
詳細はこちら
http://tsukasakitagawa.com/menu2018_2/
*****************************************
マラソン快走のための必読書
「フルマラソン快走のための手引き」
無料配布中!!
是非ご入手下さい!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
*****************************************
フルマラソンを楽に走り切るための秘訣、遂に公開!!
今なら無料で「フルマラソン快走のための手引き」を差し上げています。
これはフルマラソンを快走するために必要な知識を纏めたものです。
「フルマラソン快走のための手引き」を入手する
これを読んで、フルマラソンを「快走」しましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。