【常識を疑う①】本当に「走ると浮腫む?」

走ると浮腫む…。

だからシューズは少し大きめのもので…。

多くの方がそんなお持ちの認識ではないでしょうか?

でも、これって本当でしょうか?

本当に走ると浮腫む?

実体験としてそう感じていますか?

例えば、一日立ち仕事して、ちょっとシューズがキツいなぁ。

で、走り終わると脚の浮腫みが取れ、すっきりしていることってありませんか?

それでも走ると浮腫むって思っていますか?

事実①走ると浮腫むのではなく、浮腫みが取れる

走ると浮腫みは取れます。

だから、走る前は少しキツめでも良いのです。

浮腫むから大きめを選ぶなんて、減量中のボクサーが
ワンサイズ上のウェアを準備するようなものです。

「浮腫むから大きめを…」
というシューズ選びは、故障の原因になります。

事実②走ると浮腫むのではなく、走り過ぎた後に浮腫む

長い時間走った後に、脚に溜まった疲労物質が除去しきれずに
浮腫むことがあります。

長い距離を走った数時間後に、脚がパンパンになった経験はないでしょうか?

決して走ったから浮腫んだのではありません。

シューズは浮腫んでいない時に買いましょう!

「シューズは浮腫んでいる夕方に購入しましょう!」

という常識も、全ては

「走ると浮腫む」

という大きな誤解によるものです。

浮腫んでいないスッキリした状態の時に、
シューズを購入しましょう!

*****************************************
シューズコンサルティング実施中!
詳細はこちら!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2017/
*****************************************
12/16(土)13:00〜16:00
広島でセミナー開催決定!!
「ランニングシューズ選びに大切な3つのこと」
https://moshicom.com/12731/
*****************************************
新しいコミュニティ「Up to U」が発足!!
詳細・お申込みはこちら
https://tsukasakitagawa.summon.jp/plans/189
※お申込みには本サイトへの会員登録(無料)が必要です。
*****************************************

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。