「緩い」シューズを選んでしまう5つの原因

あなたは正しくランニングシューズを選べていますか?

もし以下のように選んでいるのなら…
正しく選べていない可能性が高いんです。

ポイントは全て

「緩め」は故障の原因になる

ということです。

①仕事帰りにシューズを購入している。

→足が浮腫んでいる可能性が高く。
結果として緩いものを選択してしまう。

②足形を測定してそのデータに基づいてシューズを購入している。

→一般的な測定は「立位」で行う。
「立位」においては、アーチの沈降や体重や体調などの
影響を受けやすいため、正確に測定することが出来ない。
(この場合も、「緩め」で選択してしまう)

③左右で大きい方の足形に合わせて購入している。

→「大きい方の足に合わせる」という考え方が一般的です。
しかしこれでは、小さい方の足が絶対的に「緩く」なってしまう。
「小さい方の足が緩くなりすぎない」ことを意識することが大切です。

④走ると浮腫むから少々緩めのシューズを選択している。

→これは以前ブログで書いた通り。
走ると「浮腫む」のではなく、「浮腫みが取れる」のです。
記事はこちら。

⑤そもそも、少し緩いのが良いと思っている

→「緩い」のは大怪我のもと。
キツいのはその部分が痛くなるだけ。
緩いのは、身体全体に悪影響を及ぼします。
この意識、変えていきましょう!

 

多くのランナーが、キツいシューズは絶対に買わないです。
でも緩いものは買ってしまいがち。

「少し緩いかなぁ」と感じたら要注意ですよ!

*****************************************
シューズコンサルティング実施中!
詳細はこちら!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2017/
*****************************************
12/16(土)13:00〜16:00
広島でセミナー開催決定!!
「ランニングシューズ選びに大切な3つのこと」
https://moshicom.com/12731/
*****************************************
新しいコミュニティ「Up to U」が発足!!
詳細・お申込みはこちら
https://tsukasakitagawa.summon.jp/plans/189
※お申込みには本サイトへの会員登録(無料)が必要です。
*****************************************

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。