【リオ】女子マラソンで各選手が履くシューズとは…

日々熱戦が繰り広げられる

リオデジャネイロオリンピック(リオオリンピック)。

いよいよ明日は女子マラソンです。

日本からは以下の三選手が出場します。

福士加代子選手(ワコール)
田中 智美選手(第一生命)
伊藤 舞選手(大塚製薬)
※ベストタイムの速い順

ところで、この記事では、マニアックにも(笑)

3選手が履くシューズについて予想をしてみたいと思います。

3選手のフォームと履くであろうシューズの特徴

これはたまたま偶然ですが、3選手ともadidasを着用予定ですね。
3選手共にシューズ職人である三村仁司さんに作成を依頼しているようですね。

1、フォームの特徴

①福士加代子選手
ピッチ走法
踵は殆ど接地しない
身体の重心が内側にある

→踵が殆ど接地していない。スピードがかなり出る。
その反面、ふくらはぎを主に使って走るため、終盤の失速のリスクが伴う。

②田中智美選手
ピッチ走法
踵はあまり接地しない
身体の重心が内側にある

→踵はそんなに接地していない。スピードとスタミナのバランスが良い。
爆発的なスピードがある訳ではないが、バランスが良いため、失速が考えにくい。

③伊藤舞選手
ストライド走法
踵から中足部の辺りで接地
身体の重心が外側にある

→踵を接地している。スピードよりも後半粘り強く走る。
スピードよりも持久力で勝負。
淡々と自身のペースで刻めると後半ごぼう抜きのチャンスも…。

2、選ぶであろうシューズの特徴

①福士加代子選手
踵を殆ど接地しないため、後半の失速を防ぎたいので、
踵に多少のクッションがあった方が楽かと思われる。
比較的柔らかい素材で作成するのでは…。

②田中智美選手
バランスがとても良いので、足型さえきっちり合わせれば、
そんなにシューズ選びに困らないのではないか…と推測する。
クッション性は然程必要ないと思われる。

③伊藤舞選手
踵を接地するため、薄くて柔らかいシューズが走りやすいかと思ったのだが…。
(写真を見ると、クッション性があるものを選んでいるように見える…)
個人的にはこの部分は注目して見てみたい(笑)

こんなところも見て頂くと、楽しみが増えるかも!?

【追記】
個人的な予想ですが、
上位に確実に入りそうなのは、田中選手。
ただ、ハマった時の福士選手は手が付けられないと思います。
伊藤選手はこの2人に比べると少し劣るかな、
という印象です。

※明日のスタートは、日本時間14日19:30。
19:00~TBSで放映予定です。

*****************************************
【シューズコンサル受付中!!】
申し込み欄に「サロマンブルー」と記載して頂くと、コンサル料が半額となります。
この機会にご相談下さい!
(7月内の申し込みに限り、実施期間は8月末まで。)
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/consulting_saromanblue/
*****************************************
LINE@始めました!
これから音声を中心に発信していきます!!
ご登録はこちらから↓↓
「北川司公式LINE@」
https://line.me/R/ti/p/%40nxs8891g
*****************************************
2018年度のメニューを一新しました!!
詳細はこちら
http://tsukasakitagawa.com/menu2018/
*****************************************
マラソン快走のための必読書
「フルマラソン快走のための手引き」
無料配布中!!
是非ご入手下さい!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
*****************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。