【リオ】男子マラソンで各選手が履くシューズとは…

日々熱戦が繰り広げられる

リオデジャネイロオリンピック(リオオリンピック)。

いよいよ本日は男子マラソンです。

日本からは以下の三選手が出場します。

佐々木悟選手(旭化成)
石川末廣選手(HONDA)
北島寿典選手(安川電機)

※ベストタイムの速い順

女子マラソンの時に引き続き、この記事ではマニアックにも(笑)

3選手が履くシューズについて予想をしてみたいと思います。

3選手のフォームと履くであろうシューズの特徴

1、フォームの特徴

①佐々木悟選手(旭化成)
ストライド走法
中足部の辺りで接地
身体の重心が外側にある

→比較的持久力で勝負。
淡々と自身のペースで刻めると後半楽しみ。

②石川末廣選手(HONDA)
ストライド走法
踵から中足部の辺りで接地
身体の重心が外側にある

→スピードよりも持久力で勝負。
淡々と自身のペースで刻めると後半楽しみ。

③北島寿典選手(安川電機)
ストライド走法
踵から中足部の辺りで接地
身体の重心が外側にある

→スピードよりも持久力で勝負。
淡々と自身のペースで刻めると後半楽しみ。

今回の3選手は、スピードランナーではなく、後半粘って走っていくのを
得意とする選手が揃った。
前半無理に着いていくと、総崩れの可能性が高い。
アフリカ勢のペースの上げ下げに惑わされることなく、淡々と自身のペースで
いくことが出来れば、後半の追い上げがあるかも!?

2、選ぶであろうシューズの特徴

佐々木悟選手と石川末廣選手がadidasを着用。
(ミムラボの三村仁司さんが作成)
北島寿典選手がasicsを着用。

①佐々木悟選手(旭化成)
踵を接地するため、薄くて柔らかいシューズが走りやすいと思われる。
(女子の伊藤舞選手が、同じ三村仁司さんに作成を依頼して、
クッション性と反発性のあるものを選んで失敗しているので、
この辺りは注目したい。)
三村さんがどんなシューズを作成したのかを注目したい。

②石川末廣選手(HONDA)
踵を接地するため、薄くて柔らかいシューズが走りやすいと思われる。
(女子の伊藤舞選手が、同じ三村仁司さんに作成を依頼して、
クッション性と反発性のあるものを選んで失敗しているので、
この辺りは注目したい。)
三村さんがどんなシューズを作成したのかを注目したい。。

③北島寿典選手(安川電機)
踵を接地するため、薄くて柔らかいシューズが走りやすいと思われる。
asicsがどんなシューズを用意するか注目したい。

こんなところも見て頂くと、楽しみが増えるかも!?

【追記】
個人的な予想ですが、北島寿典選手が日本人トップかなぁと。
前半無理をしなければ、後半粘れるんじゃないかなぁと
という印象です。

※スタートは、日本時間21日21:30。
21:00~NHK総合で放映予定です。

*****************************************
【北川司マラソン塾始めます!!】
①サブスリー塾
②サブ3.5塾
詳細はこちら↓
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/marathonjuku/
*****************************************
【伸び代診断実施中!!】
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/nobishiro_shindan/
*****************************************
【シューズコンサル受付中!!】
スポーツショップB&D様で行えるようになりました!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2018_4/
*****************************************
【北川司マラソン塾!遂に開講!!】
1)サブスリー塾
2)サブ3.5塾
※詳細は11/26公開します。
*****************************************
2018年度のメニューを一新しました!!
詳細はこちら
http://tsukasakitagawa.com/menu2018_2/
*****************************************
マラソン快走のための必読書
「フルマラソン快走のための手引き」
無料配布中!!
是非ご入手下さい!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
*****************************************
フルマラソンを楽に走り切るための秘訣、遂に公開!!
今なら無料で「フルマラソン快走のための手引き」を差し上げています。
これはフルマラソンを快走するために必要な知識を纏めたものです。
「フルマラソン快走のための手引き」を入手する
これを読んで、フルマラソンを「快走」しましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。