【リオ】男子マラソンで各選手が履くシューズとは…

日々熱戦が繰り広げられる

リオデジャネイロオリンピック(リオオリンピック)。

いよいよ本日は男子マラソンです。

日本からは以下の三選手が出場します。

佐々木悟選手(旭化成)
石川末廣選手(HONDA)
北島寿典選手(安川電機)

※ベストタイムの速い順

女子マラソンの時に引き続き、この記事ではマニアックにも(笑)

3選手が履くシューズについて予想をしてみたいと思います。

3選手のフォームと履くであろうシューズの特徴

1、フォームの特徴

①佐々木悟選手(旭化成)
ストライド走法
中足部の辺りで接地
身体の重心が外側にある

→比較的持久力で勝負。
淡々と自身のペースで刻めると後半楽しみ。

②石川末廣選手(HONDA)
ストライド走法
踵から中足部の辺りで接地
身体の重心が外側にある

→スピードよりも持久力で勝負。
淡々と自身のペースで刻めると後半楽しみ。

③北島寿典選手(安川電機)
ストライド走法
踵から中足部の辺りで接地
身体の重心が外側にある

→スピードよりも持久力で勝負。
淡々と自身のペースで刻めると後半楽しみ。

今回の3選手は、スピードランナーではなく、後半粘って走っていくのを
得意とする選手が揃った。
前半無理に着いていくと、総崩れの可能性が高い。
アフリカ勢のペースの上げ下げに惑わされることなく、淡々と自身のペースで
いくことが出来れば、後半の追い上げがあるかも!?

2、選ぶであろうシューズの特徴

佐々木悟選手と石川末廣選手がadidasを着用。
(ミムラボの三村仁司さんが作成)
北島寿典選手がasicsを着用。

①佐々木悟選手(旭化成)
踵を接地するため、薄くて柔らかいシューズが走りやすいと思われる。
(女子の伊藤舞選手が、同じ三村仁司さんに作成を依頼して、
クッション性と反発性のあるものを選んで失敗しているので、
この辺りは注目したい。)
三村さんがどんなシューズを作成したのかを注目したい。

②石川末廣選手(HONDA)
踵を接地するため、薄くて柔らかいシューズが走りやすいと思われる。
(女子の伊藤舞選手が、同じ三村仁司さんに作成を依頼して、
クッション性と反発性のあるものを選んで失敗しているので、
この辺りは注目したい。)
三村さんがどんなシューズを作成したのかを注目したい。。

③北島寿典選手(安川電機)
踵を接地するため、薄くて柔らかいシューズが走りやすいと思われる。
asicsがどんなシューズを用意するか注目したい。

こんなところも見て頂くと、楽しみが増えるかも!?

【追記】
個人的な予想ですが、北島寿典選手が日本人トップかなぁと。
前半無理をしなければ、後半粘れるんじゃないかなぁと
という印象です。

※スタートは、日本時間21日21:30。
21:00~NHK総合で放映予定です。

*****************************************
「故障予防のためのランニング会」
次回は平日開催です!!
是非ご参加下さい!!
【第7回】5/24(木)19:30〜
【第8回】5/26(土)9:00〜
【第9回】6/02(土)9:00〜
【第10回】6/09(土)9:00〜
https://moshicom.com/15774/
*****************************************
【2018年4月よりコンサル内容をリニューアル!!】
シューズコンサル受付中!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2018_2/
*****************************************
LINE@始めました!
これから音声を中心に発信していきます!!
ご登録はこちらから↓↓
「北川司公式LINE@」
https://line.me/R/ti/p/%40nxs8891g
*****************************************
2018年度のメニューを一新しました!!
詳細はこちら
http://tsukasakitagawa.com/menu2018/
*****************************************
マラソン快走のための必読書
「フルマラソン快走のための手引き」
無料配布中!!
是非ご入手下さい!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
*****************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。