【靴選び】自身で出来る失敗を防ぐ方法

シューズの屈曲性について、少し前に書きました。

記事はこちら

今回は実践編ということで。

いちいち一足一足試着していたらキリがない。

靴屋に行って、何を買ったら良いか見当もつかない時は

取り敢えず絞り込むために、

靴屋に行ったら、シューズを曲げてみよう!!

ご自身の使い古したシューズを見てみよう!

見るべきポイントは2つ。
その2つをご紹介します。

1、踵が激しく摩耗しているかどうか

踵が激しく摩耗していたら…

比較的後ろで曲がるシューズを。

こんな感じ

019254a28cb59ed09d83fd2eff3f52177a712c5b5d

逆に踵があまり減っていないようなら…

少し前目で曲がる方が走りやすいかも知れません。

こんな感じ。

01f8febd12c96da3e2324030c66e793266d01c3dbf

因みに…
踵が激しく減るランナーの方は、
シューズの真ん中にプラスチックの補強が入っているものは
極力止めた方が良いですよ。
走りづらいと思います。

2、外側が激しく摩耗しているかどうか

踵の外側が激しく摩耗しているなら…

土踏まずが高くなっていたり…
シューズの内側に補強が入っていたり…

そういったシューズは止めましょう。

詳しくはこちら

腸脛靭帯炎になってしまいますよ!

(補足)自身の足は本当に幅広ですか?

一般的に初心者用のシューズは幅広に作られています。

幅が広くないのに幅広のものを履くと絶対に怪我をします。

自身の足が幅広ということを疑ってかかりましょうね!

かなり絞った段階で、初めて試着をする!

ここまで見ていくと試着の段階である程度絞られてきます。

私が選ぶ場合、足の形とシューズのすり減り方で、
靴屋にあるシューズの1割以下まで絞り込みます。

絞られた中でシューズを履くことで、失敗するリスクが大幅に軽減しますよ。

①シューズを曲げてみること
②土踏まずが高い構造or踵の内側に補強が入っているか否か

この2つを確認するだけで、靴選びで失敗するリスクが
大幅に減少します。

是非お試し下さいね。

*****************************************
シューズコンサルティング実施中!
詳細はこちら!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2017/
*****************************************
12/16(土)13:00〜16:00
広島でセミナー開催決定!!
「ランニングシューズ選びに大切な3つのこと」
https://moshicom.com/12731/
*****************************************
新しいコミュニティ「Up to U」が発足!!
詳細・お申込みはこちら
https://tsukasakitagawa.summon.jp/plans/189
※お申込みには本サイトへの会員登録(無料)が必要です。
*****************************************

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。