歩くと疲れる本当の理由

よくランナーでない方とご一緒すると、

「疲れるから歩きたくないです。タクシー乗りましょう!」

という場面によく出くわす。

歩くと疲れるって、本当に体力がないからでしょうか?

合っていない靴で歩くととても疲れる

例えば、革靴で歩くととても疲れますよね。

とても重いですし、靴擦れをしてしまうかも知れないですし、
靴の中は蒸れるし、碌なことはないですよね。

そんなシューズで走ることは絶対にお勧めしません。

そこまで合っていない状況でなくても、

靴自体が緩かったり、紐の結び方が甘かったり…

たったそれだけのことで、疲労は数倍にもなります。

それだけ、合わないシューズを身に着けて走ることは、
身体に大きな負担を掛けるのです。

歩くこと自体が疲れるのではない

しっかり合わせたシューズで歩くと、疲労感が全く違うものになります。

疲れるから歩きたくない~

というのは、体力が落ちているということ以外に
靴が合っていないという理由があるかも知れません。

歩くとやたら疲れる…。
という方、是非ご相談下さいませ~。

ご相談に乗らせて頂きます。

*****************************************
【4月1日より内容・価格改定します!】
お申込みはお早めに!!
今の内容でお受け出来るのは、3/31お申込み分まで!!
(6月末日までの日程でお受け致します。)
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2018_1/
*****************************************
2018年度のメニューを一新しました!!
詳細はこちら
http://tsukasakitagawa.com/menu2018/
*****************************************

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。