【目標達成のための7つのポイント①】胃を大きくする(食欲を戻す)

自ら企画した

「1カ月サブスリーチャレンジ!」

記事はこちら

いよいよ練習開始日が近付いて参りました。

今回このミッションを達成するに当たり…
守るべき「7つのポイント」について書きました。

記事はこちら

具体的に書いていきたいと思います。

胃を大きくする(食欲を戻す)

胃の動きを活性化することで、
以下の2つのメリットがあります。

①筋肉の修復
②エネルギーを溜め込む

「胃腸が丈夫なランナーは強い」

とよく言われます。

これは正にその通りで、食べることが出来なければ、
質の高い練習を継続して行うことが出来ません。

碌に食べずに無理して走ることは
慢性疲労に繋がる危険性も…。

怪我のリスクを増大させることも…。

運動量が減ると食欲も落ちる?

これは一概にそうとも言えません。

運動が習慣化されていない方が運動すると、
「普段の生活では使われない脂肪や血中グリコーゲンが
エネルギーとして代謝されるため、食欲が落ちる」
とも言われています。

また、シリアスランナーの場合は、
「走り過ぎにより内臓疲労を起こし、食欲が落ちる」
場合もあります。

たくさん走ってもたくさん食べることが出来る…

強いランナーに共通することだと思います。

練習開始日にしっかり食べられるように内臓の準備をする

ウルトラマラソンやフルマラソンを走ると、
その後一週間くらいずっとお腹がすいている…。

なんて経験はおありなのではないでしょうか?

それは筋肉を修復するために、身体がエネルギーを
欲しているからです。

逆に運動していない期間が長くなると、
身体は多くのエネルギーを摂取する必要がなくなります。

そこで、急に運動量を増やすと…。
消費したエネルギーを十分に補充することが出来ないため、
疲労回復が遅れることがあります。

今回、本格的に練習を開始する前段階で、
ある程度食欲を戻すのは、

「練習開始日にしっかり食べられるように内臓の準備をする」

ことが目的です。

*****************************************
シューズコンサルティング実施中!
詳細はこちら!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2017/
*****************************************
12/16(土)13:00〜16:00
広島でセミナー開催決定!!
「ランニングシューズ選びに大切な3つのこと」
https://moshicom.com/12731/
*****************************************
新しいコミュニティ「Up to U」が発足!!
詳細・お申込みはこちら
https://tsukasakitagawa.summon.jp/plans/189
※お申込みには本サイトへの会員登録(無料)が必要です。
*****************************************

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。