走るより歩く方が足首への負担は大きい!?

接地時間の長さ…。

合わないシューズのストレスは接地時間が長い方が大きくなる。

走るより歩く方が足首に負担が掛かる!?

歩くだけだから、多少合わないシューズでもいいだろう…。

それはちょっと待って下さい!

瞬間的に掛かる力は、走る時の方が大きいので、
大きな障害になる可能性は走っている時の方が遥かに大きい。

しかし、
接地時間が長い分、「合わないシューズで歩いたとき」の慢性的な疲労は、
走る時より大きい可能性が高い」のです。

「緩い×接地時間長い」は最悪

多くのランナーでも、

「走るときのシューズは気にしても、歩くときのシューズは何でもいい」

という方が結構多い。

「接地時間が長くなる」
ということは、それだけ踏ん張る時間が長くなる。

踏ん張る時間が長くなることが悪い訳ではなく、
「緩い」状態で踏ん張ることが良くないのです。

ジョグ用や移動用シューズを見直そう!!

スピード練習よりもジョグの方が接地時間が長くなる。
歩くまでは長くないにせよ、速く走るときよりも接地時間が長くなる。

つまり、
「ジョグで使うシューズこそ、ぴったりのものを選ぶ」

スピード練習の時のシューズは気にするのに、
ジョグ用は意外と適当…。
という方、怪我の理由はそこにあるのかも知れません。

一番長い使う可能性が高い「ジョグ用シューズ」。
そして、移動の時に使うシューズ。
これを疎かにしないようにしていきましょう!

*****************************************
【シューズコンサル受付中!!】
スポーツショップB&D様で行えるようになりました!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2018_3/
*****************************************
LINE@始めました!
これから音声を中心に発信していきます!!
ご登録はこちらから↓↓
「北川司公式LINE@」
https://line.me/R/ti/p/%40nxs8891g
*****************************************
2018年度のメニューを一新しました!!
詳細はこちら
http://tsukasakitagawa.com/menu2018/
*****************************************
マラソン快走のための必読書
「フルマラソン快走のための手引き」
無料配布中!!
是非ご入手下さい!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
*****************************************

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。