【完走記】第29回大田原マラソン(2/4)

【完走記】第29回大田原マラソン(師匠のペーサー)

いよいよ長い一日の始まり!
緊張感はありつつも、とても楽しみ(^^♪
頑張ってサポートを務めます。

これまでのストーリーはこちら
http://tsukasakitagawa.com/2016/11/28/ootawara2016_1/

○スタート~10km


整列はAブロックの後方。
スタートまでは8秒。
周りの流れが速いので、そんなに気にならない。
師匠との距離感だけを気を付けて走る。

基本的に師匠の横につく。
向かい風の時は自分が前に出て風よけになったり…。
声を掛け合いながら。

最初の1kmは4分25秒程度。
最初のロスを含めてなので、全く気にしない。
その後、4分10〜15秒程度に落ち着く。

師匠は調子が良さそう。
ただ、上体のブレが少し気になる。
そのため、ペースが上がって脚を使ってしまないよう、
気にかけながら進む。

そして、5km通過。
21分15秒。
最初のロスがあるため、ちょうど良い感じ。

ここから少し下って、少し上る。
師匠の後ろにつき、ついていくスタイルに変更。
すると、いつのまにかペースが上がっている。
調子の良さを消さないように、
無理にブレーキはかけないように、声を掛けながら。

6.4km地点が最初の給水ポイント。
持っている経口補水パウダーを給水所で溶かし、
師匠に渡す。

自分にとっても遅いスピードではないため、結構忙しい。笑

何とかうまくいった!!
次の給水ポイントは10,1km。
次は、エネルギージェルの補給。
つい給水のことばかりを考えてしまう。。

◯10km〜中間点


10km通過。
この通過は41分55秒。
この5kmは20分40秒。
やはりペースが上がっている。
時計ばかりを気にしていたら、
給水ポイントのことを忘れていた!

慌ててジェルを取り出すと、
不覚にも二つ落としてしまう…。
「まぁ仕方ない…。」
師匠にジェルを渡し、その後水も渡す。

ふぅ、何とか補給できた…。

次の給水ポイントは、15.2km。
次は経口補水パウダー。
失敗しないようにしなくては!

この区間は少しアップダウンがあったせいか、
少しペースが落ちる。
15kmの通過は、1時間03分09秒。
この5kmは21分14秒。
本音を言えば、もう少し貯金が欲しいかな…。

15kmを過ぎると折り返しポイントが近づく。
前後のランナーとエール交換をする。
サブスリーの公式ペースメーカーともすれ違うが、
少し差がある。
無理に差を詰めることはリスクが大きいので、
このペースで淡々と進める。

そして、20km。
この1時間24分48秒。
この5kmは21分39秒。
少しペースが落ちている。
師匠の様子を伺っても、少し苦しくなってきた様子。

「ここから上り坂、しかも向かい風…。」
ちょっとやばいなぁ。

そして中間点。
1時間29分30秒。

う〜ん。
かなり厳しい…。

この後、とてつもない試練が…。
次回に続きます。

***********************************************************************
【シューズの「少し合わない」を解決する!!】
靴修理のスペシャリストをお招きします!!
シューズの可能性が広がりますよ!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/seminar20171112/
***********************************************************************
シューズコンサルティング実施中!
詳細はこちら!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2017/
***********************************************************************
「フルマラソン快走のための手引き」
無料でプレゼントしています!!
お申し込みはこちら!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
***********************************************************************
新しいコミュニティ「Up to U」が発足!!
詳細・お申込みはこちら
https://tsukasakitagawa.summon.jp/plans/189
※お申込みには本サイトへの会員登録(無料)が必要です。
***********************************************************************

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。