【箱根駅伝あれこれ①】「山の神」はマラソン向き!?

いよいよ今年も残すところあと10日。

年が明けるとニューイヤー駅伝、箱根駅伝です。

少し箱根駅伝に関わることについて、記事を書いていきたいと思います。

今年は5区が短縮されます。
個人としては、5区の占める割合が減り、
良い変更であると思っています。

「山の神」はマラソン向き!?

一般的に「山の神」はスピードランナーではないことが多いです。

それは、「身体の使い方が違う」からです。
上り坂で速いランナーと、トラックなどで速く走るランナーは
走り方が違いますね。

上りに強いランナーで多いのは
「踵を接地し、しっかり踏み込んでストライドで走る」

山の神と呼ばれている
今井正人選手、柏原竜二選手、神野大地選手。
この三人のフォーム、とてもそっくりです。
※著作権の関係から、写真は割愛します。

一方、スピードランナーで多いのは
「踵を殆ど接地せず、ピッチで走る」
ランナーが多いですね。

「山の神」は「ニューイヤー駅伝」ではスターになりにくい

一般的に「上りに強い走り方」は「速く走るには非効率な走り方」ので、
スピードが物を言うニューイヤー駅伝では活躍出来ないことが多いんです。

逆に下りの6区が速いランナーは、
スピードランナーであることが多いですね。

もちろん今井正人選手のような
マラソンでも駅伝でも活躍するランナーはいますが、
彼も爆発的なスピードを持つランナーではなく、
どちらかというと「しっかりと決められた距離を走り切る」ことを
得意とするランナーですね。

「山の神」はいきなりマラソンへ…

「山に強いランナー」は「長い距離を淡々と走ることが得意」
であることが多いので、駅伝をやらずにいきなりマラソンを…。
というのが個人的な願いです。

スピードを追求しすぎて、故障して走れなくなる…。
そんなランナーを多く見てきて、
「もったいないな」と思ってしまいます。

個人的に「山の神」神野大地くん。
少し心配です。

駅伝はそこそこに
早い段階でフルマラソンを走って欲しいと思っています。

*****************************************
シューズコンサルティング実施中!
詳細はこちら!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2017/
*****************************************
12/16(土)13:00〜16:00
広島でセミナー開催決定!!
「ランニングシューズ選びに大切な3つのこと」
https://moshicom.com/12731/
*****************************************
新しいコミュニティ「Up to U」が発足!!
詳細・お申込みはこちら
https://tsukasakitagawa.summon.jp/plans/189
※お申込みには本サイトへの会員登録(無料)が必要です。
*****************************************

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。