コンサルティングを行っていて気付いたこと

お陰様でコンサルティングのご依頼を受ける機会が増えてきています。
本当に有難いですね。
これからもシューズで社会貢献できるように頑張っていきます。
固定観念を打破して、故障や痛みのないランニングライフを送っていきましょう!

ところで、コンサルを行なっていて、気付いたことが幾つかあります。
幾つか書いていきたいと思います。

1、殆どの方が「緩い」シューズを履いている

シューズは実寸から、「+1.0〜1.5cm」ということが言われている。
これ自体は正しいんだけど、「それだけ」で選んでしまっている人が多い。

正しくは、
「シューズの中で足が固定された状態で、つま先を少し空けるのが望ましい」
んです。

ただ単純につま先を空ければ良いというわけではないのです。

2、血豆や水ぶくれの原因が「小さいから」と誤解している

1に通ずる部分ですが、
血豆や水ぶくれの多くは「小さいから」できるのではありません。
「緩い状態」が引き起こしているのです。

一番最悪なのは、「緩くて小さいもの」
靴の中で足が動く上に、つま先までの距離が近いため、
必ずと言って良いほど爪が死に、水ぶくれができます。

3、殆どの方が「薄い」シューズに抵抗がある

大切なのは、
「足の形とシューズが合っているか」
であって、クッション性があるかないかはその後の問題。

初心者用のシューズは、一般的に上級者モデルに比べ、
ゆったり作られていることが多いため、
「緩く」なりやすい傾向にあります。

そのため、「クッション性」を求め続けると、
結果として、「緩い」シューズを履き続けてしまうことになるんです。

繰り返しますが、重要なのは、
「足の形に合っていること」
クッション性は二の次、三の次です。

もう一つ言うと、
「薄い」シューズを履くと、
身体の声を聞くことができるようになります。

クッション性などに隠れていて見えなかった新しい発見が
あるものです。

シューズのトラブルが絶えない…
という方、思い切って薄いシューズを履いてみましょう!

4、痛みの原因が、「自分のせい」であると誤解している

痛みの原因を探っていくと、
「シューズ」だったり、「インソール」などの
「身に付けているもの」に行き着くことが多い。

それは、「シューズ」や「インソール」そのものが悪いというわけではなく、
「自身の身体に合っていないものを身につけている」
のです。

痛みを自分自身のせいにする前に、
使っているものや身につけているものを疑ってみましょう!

「もの」を変えるだけで改善するなら、簡単ですよね!?

脚のトラブルの多くは、
「シューズを変えるだけ」で改善します。

是非、ご自身の足と対話をしてみてくださいね。
ご不安なことがありましたら、ご相談に乗らせて頂きます^ – ^
お気軽にお声掛けください^ – ^

*****************************************
【4月1日より内容・価格改定します!】
お申込みはお早めに!!
今の内容でお受け出来るのは、3/31お申込み分まで!!
(6月末日までの日程でお受け致します。)
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2018_1/
*****************************************
2018年度のメニューを一新しました!!
詳細はこちら
http://tsukasakitagawa.com/menu2018/
*****************************************

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。