「箱根駅伝」に学ぶマラソンの走り方

駅伝では、「先行逃げ切り」が絶対的に強いと言われています。
総合優勝のためには、往路優勝したチームが絶対的に有利。
これには、心理的なものが関わっています。

「精神的な貯金」を後半に温存する

今回の青学のように
ある程度セーフティリードを得たチームは、
悠々自適に走っているように見受けられます。

それは

「大幅に失速しなければ大丈夫」
「自分の走りに専念できる」

と言う気持ちが生まれるからです。

どうしても追うチームというのは、
「前に追いつかないといけない」
という心理が働くため、どうしてもオーバーペースになりがち。

単にオーバーペースになるだけならまだしも、
精神的に余裕がないため、
後半に失速しやすくなります。

つまり、
「精神的な貯金」を温存できる先頭が有利であることは
間違いないのです。

これはマラソンも一緒

マラソンランナーでも、どうしても
「前半突っ込んで、後半粘る」
というランナーが圧倒的に多い。

でも実は、
「体力的な貯金」を使ってしまうばかりではなく、
「精神的な貯金」も使ってしまっているんです。
残るのは、
「僅かなタイムの貯金」だけ。

これでは、後半は苦しいに決まっています。
そもそも楽しくないですよね!?

つまり、駅伝でセーフティリードを持って走っているような、
「自らのペースで、周りに惑わされることなく、精神的な貯金を後半に残し」
最後まで走り切ることが重要であると思っています。

走る前に出せるタイムは決まっている

とりわけ
これまでにないくらいの素晴らしい練習が積めている!
前回よりも遥かにレベルアップした!

ということでもない限り、
突っ込むことで、後半に多くの確率で失速します。

早速、本命のレースが近付いている方も多いと思います。
自らの調子を把握し、その時の自身の実力を最大限に発揮してくださいね。

「スタート前に出せるタイムは決まっている」
ので、記録を狙うレースでは身体の反応に素直に従ってくださいね。

今年も楽しみながら、
自身の身体と対話をしながら、
記録も伸ばしていきましょう!!

*****************************************
【4月1日より内容・価格改定します!】
お申込みはお早めに!!
今の内容でお受け出来るのは、3/31お申込み分まで!!
(6月末日までの日程でお受け致します。)
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2018_1/
*****************************************
2018年度のメニューを一新しました!!
詳細はこちら
http://tsukasakitagawa.com/menu2018/
*****************************************

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。