シューズの裏を見てみよう!①

シューズの裏の話。

カカトが減っていますか?

それとも、あまり減っていませんか?

それによっても選ぶシューズは変わります。

シューズの減るところと、シューズの屈曲性

これは密接に関わりがあります。

例えば、カカトが物凄く減っているのに、極端に前で屈曲していたり、

カカトが殆ど減っていないのに、後ろの方で屈曲するシューズだったり。

カカトが減っているということは、

カカトから接地しているということ。

カカトが減っていないということは、

殆どカカトは接地していないということ。

シューズを曲げてみて、

曲がる位置を確認してみましょう!

なんとなく走りづらい場合はこの位置がズレているのかもしれません。

*****************************************
【シューズコンサル受付中!!】
申し込み欄に「サロマンブルー」と記載して頂くと、コンサル料が半額となります。
この機会にご相談下さい!
(7月内の申し込みに限り、実施期間は8月末まで。)
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/consulting_saromanblue/
*****************************************
LINE@始めました!
これから音声を中心に発信していきます!!
ご登録はこちらから↓↓
「北川司公式LINE@」
https://line.me/R/ti/p/%40nxs8891g
*****************************************
2018年度のメニューを一新しました!!
詳細はこちら
http://tsukasakitagawa.com/menu2018/
*****************************************
マラソン快走のための必読書
「フルマラソン快走のための手引き」
無料配布中!!
是非ご入手下さい!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
*****************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。