シューズの裏を見てみよう!②

シューズの裏の話。

あなたはどこが一番減っていますか?

大きく分けると、写真の4か所の何れかが
減っているケースが多いです。

外側?後ろ側?
母指球?小指球?

一番減っているところが一番地面に接している

当然と言えば当然ですが、
一番減っている部分が一番地面と接しています。

多いパターンは以下の4つ。

1、緑の部分だけが減っている
2.オレンジの部分だけが減っている
3、青の部分と緑の部分が減っている
4、赤の部分とオレンジの部分が減っている

ポイントは接地の位置

1、母指球、つまり緑の部分のみ減っていれば、
踵殆ど接地しておらず、
母指球で接地している。

2、小指球、つまりオレンジの部分のみ減っていれば、
踵は殆ど接地しておらず、
小指球で接地している。

3、踵の後ろ側、つまり青の部分
母指球、つまり緑の部分が減っている場合には、
踵で接地をし、母指球辺りで蹴っている。

4、踵の外側、つまり赤の部分
小指球、つまりオレンジの部分が減っている場合には、
踵の外側で接地をし、小指球辺りで蹴っている。

この減り方によって、選ぶべきシューズは変わってきます。

チェックはなるべくスピード練習用、薄いシューズで行う

ゆっくり走る場合には、
つま先接地の方も踵接地になりやすい。

分厚いシューズは踵が接地しやすい。

速く走った場合に特徴が出やすくなります。

それぞれの特徴については今後書いていきます。

*****************************************
シューズコンサルティング実施中!
詳細はこちら!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2017/
*****************************************
12/16(土)13:00〜16:00
広島でセミナー開催決定!!
「ランニングシューズ選びに大切な3つのこと」
https://moshicom.com/12731/
*****************************************
新しいコミュニティ「Up to U」が発足!!
詳細・お申込みはこちら
https://tsukasakitagawa.summon.jp/plans/189
※お申込みには本サイトへの会員登録(無料)が必要です。
*****************************************

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。