【シューズのご紹介③】mizuno wave ekiden 11(ミズノ ウェーブ エキデン)

本日ご紹介するのは

【mizuno wave ekiden 11】

このシューズの特徴といえば
「裸足感覚」
「ekiden」という名前が付いているために
手に取るのをためらう方も…。
でも、
「クッションに足を守ってもらおう」
という考えはこの際消してしまいましょう!!

今回のモデルから、かなりゆったり目に作られています。
ワンサイズ落としてもいいかも知れません。

裸足感覚で走るシューズ

感覚としては、
「薄く、そして柔らかい」

屈曲点はやや真ん中〜やや前より。
局所的に曲がるため、ハマれば爆発的な力を発揮しそう。
クッション性に頼って怪我を繰り返してきた…
という方、一度お試ししてみては…。
新しい発見があるかも知れません。

wave cruise、wave cruise japanとの違い

wave cruiseは
シューズの前足部に「ap+」という反発素材が使われており、
wave ekidenに比べて、前足部が少し跳ねる印象。
反発を求めるランナーは好みそうです。

wave ekiden
柔らかく、地面を掴む感覚、接地のポイントが局所的。
走りやすいかどうかは、個人差がありそう。
wave cruise
反発素材をフルに使用。接地のポイントに関わらず使えるシューズ。
シューズに反発を求めるランナー向け。
wave cruise japan
前足部に反発素材(ap+)を搭載。
屈曲点はやや後ろのため、接地のポイントに関わらず使いやすいのでは…。
japanのラストは他に比べてややゆったり。

一見同じように見えるレーシングシューズ。
履いてみると全く違うことが分かります。
是非一度手にとってみて下さいね。

その他のシューズについてはこちら
【シューズのご紹介①】New Balance HANZO S
【シューズのご紹介②】adidas adizero takumi sen boost 3
【シューズのご紹介③】mizuno wave ekiden 11
【シューズのご紹介④】asics SORTIE JAPAN SEIHA
【シューズのご紹介⑤】asics TARTHER ZEAL 5
【シューズのご紹介⑥】mizuno wave emperor 2
【シューズのご紹介⑦】adizero takumi ren boost 3
【シューズのご紹介⑧】brooks HYPERION
【シューズのご紹介⑨】asics TARTHER JAPAN
【シューズのご紹介⑩】nike zoom streak 6
【シューズのご紹介⑪】asics SKYSENSOR JAPAN
【シューズのご紹介⑫】mizuno wave emperor japan
【シューズのご紹介⑬】adidas adizero japan boost 3
【シューズのご紹介⑭】asics SKYSENSOR GLIDE 4

***********************************************************************
【シューズの「少し合わない」を解決する!!】
靴修理のスペシャリストをお招きします!!
シューズの可能性が広がりますよ!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/seminar20171112/
***********************************************************************
シューズコンサルティング実施中!
詳細はこちら!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2017/
***********************************************************************
「フルマラソン快走のための手引き」
無料でプレゼントしています!!
お申し込みはこちら!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
***********************************************************************
新しいコミュニティ「Up to U」が発足!!
詳細・お申込みはこちら
https://tsukasakitagawa.summon.jp/plans/189
※お申込みには本サイトへの会員登録(無料)が必要です。
***********************************************************************

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。