「アーチサポート」は足に優しくない!

下の写真は
アディダスのレーシングシューズの二大巨頭。
これを例に出して話をしてみる。

adizero takumi ren boost(上)
adizero takumi sen boost(下)

renは「練」と書き、
senは「戦」と書く。

このため、renを練習用。
senを本番用。

と使い分けている方が多い。

senとrenは全く違うシューズ

senは「ニュートラル」。
renは「サポート」。

シューズの中を手で摩ってもらいたい。

「サポート」は
アーチサポートがあるため、
相対的にシューズの外側、そして母子球の辺りが低い構造になっている。
O脚と外反母趾の方は注意が必要。

そのため、O脚の方がこれを履くと、
「接地のポイントがより外側に誘導される」

その結果、
ランナーズニーとも呼ばれる「脹脛靱帯炎」
を助長する可能性が高い。

また、外反母趾を助長する可能性がある。
母子球の辺りに力が掛かりやすく、
外反母趾のある方はより痛みが強く出る可能性がある。

迷ったら、renではなくsenを使用しよう!

「サポートタイプ」のシューズが巷には溢れている

これが脚のトラブルが絶えない大きな要因の一つだと考えている。
本来「サポートタイプ」を履く必要のない多くの方が
これを履くことで故障の原因を引き起こしたりする。

もし迷ったら、
「サポートタイプ」ではなく、
「ニュートラルタイプ」のシューズを選びましょう!!

極端な扁平足、極端なX脚でない限り、
迂闊に「アーチサポート」に頼るのは危険が伴います。

身体の使い方を知って、「故障をしないための」
シューズ選びをしましょう!!
コンサルティングを受付中です(^ ^)
「ランナーを救うためのお手伝い」
させて頂きます。

*****************************************
【北川司マラソン塾始めます!!】
①サブスリー塾
②サブ3.5塾
詳細はこちら↓
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/marathonjuku/
*****************************************
【伸び代診断実施中!!】
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/nobishiro_shindan/
*****************************************
【シューズコンサル受付中!!】
スポーツショップB&D様で行えるようになりました!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2018_4/
*****************************************
【北川司マラソン塾!遂に開講!!】
1)サブスリー塾
2)サブ3.5塾
※詳細は11/26公開します。
*****************************************
2018年度のメニューを一新しました!!
詳細はこちら
http://tsukasakitagawa.com/menu2018_2/
*****************************************
マラソン快走のための必読書
「フルマラソン快走のための手引き」
無料配布中!!
是非ご入手下さい!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
*****************************************
フルマラソンを楽に走り切るための秘訣、遂に公開!!
今なら無料で「フルマラソン快走のための手引き」を差し上げています。
これはフルマラソンを快走するために必要な知識を纏めたものです。
「フルマラソン快走のための手引き」を入手する
これを読んで、フルマラソンを「快走」しましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。