【シューズのご紹介⑥】mizuno wave emperor 2(ミズノ ウェーブ エンペラー2)

前回、ターサージール5について取り上げました。
記事はこちら

ターサーの対抗馬として取り上げるなら、
その一番手はこのシューズでしょう。

かつてはウェーブスペーサーとして人気を博していたシューズであり、
ターサーと人気を二分していた感じがします。

早速いきたいと思います。

ターサーは「虎走」、エンペラーは「皇速」

エンペラーになって、少し影が薄くなった印象もありますが、
ドロップ(踵のつま先の高さの差)が小さくなり、
使いやすくなった感じはします。

ミズノのシューズの特徴として、踵は割と細めに作られています。
そして、最近のモデルでは前足部がゆったり作られるようになり、
甲が低い方や、幅が狭い方には少し合いにくくなった印象です。

他メーカーよりワンサイズ下げることを基本線に
考えると良いですね。

かなりゆったりしているので、
ターサージールユーザーには、少し合わせるのが難しいかも知れません。
ターサージャパンユーザーには、感覚が似ているかも知れません。

ターサージールが狭い…。
と感じる方には合うかも知れません。

このシューズの特徴

1、セパレートソール(つま先接地向き)
2、ニュートラルタイプ(O脚の方も使いやすい)
3、屈曲点は真ん中あたり(踵接地でも使えるかも??)

ターサージールがつま先接地、内側接地向きのシューズであるのに対し、
エンペラーは比較的柔らかくてニュートラル。
踵接地、外側接地のランナーでも使いやすいかと思います。

一方、ターサージャパンは反発がとても強いので、
ターサージャパンの反発が強すぎる…という方にもオススメですね。

割と反発性もあって、クセが少ない

ターサーがしっくりくる方には、少し物足りないかも知れません。
でも、
ターサーが硬すぎる。
ターサーを履いていて、何となく疲れる…。
何となく故障がち…。
という方には一度試してもらいたいシューズの一つです。
繰り返しますが、ターサーよりゆったりしているので、
その辺りは注意が必要です。

次回はもう一つのターサージール5の対抗馬。
adizero takumi ren boost 3
について書いていきたいと思います。

その他のシューズについてはこちら
【シューズのご紹介①】New Balance HANZO S
【シューズのご紹介②】adidas adizero takumi sen boost 3
【シューズのご紹介③】mizuno wave ekiden 11
【シューズのご紹介④】asics SORTIE JAPAN SEIHA
【シューズのご紹介⑤】asics TARTHER ZEAL 5
【シューズのご紹介⑥】mizuno wave emperor 2
【シューズのご紹介⑦】adizero takumi ren boost 3
【シューズのご紹介⑧】brooks HYPERION
【シューズのご紹介⑨】asics TARTHER JAPAN
【シューズのご紹介⑩】nike zoom streak 6
【シューズのご紹介⑪】asics SKYSENSOR JAPAN
【シューズのご紹介⑫】mizuno wave emperor japan

***********************************************************************
【シューズの「少し合わない」を解決する!!】
靴修理のスペシャリストをお招きします!!
シューズの可能性が広がりますよ!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/seminar20171112/
***********************************************************************
シューズコンサルティング実施中!
詳細はこちら!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2017/
***********************************************************************
「フルマラソン快走のための手引き」
無料でプレゼントしています!!
お申し込みはこちら!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
***********************************************************************
新しいコミュニティ「Up to U」が発足!!
詳細・お申込みはこちら
https://tsukasakitagawa.summon.jp/plans/189
※お申込みには本サイトへの会員登録(無料)が必要です。
***********************************************************************

5 件のコメント

  • いつも参考にさせて頂いております。
    ナイキのズームストリーク6と、ズームエリート9の違いを教えて頂けないでしょうか?おそらく自分は、O脚の踵接地だと思います。ハーフは74分で走ります。
    両方とも、店舗で履いた時に、良い感じがありました。
    今迄は、waveエンペラーとターサーJapanをレースに使っていたのですが、どうも走り辛くて、練習用のasicsライトレーサーや、サイバーレーサーの方が、しっくりきて走りやすいと感じていました。
    最近は、サイバーレーサーでもレースに出ています。
    adidasのsenも履きましたが、どうも薄いシューズだと、リズムが合わず、また直に足に衝撃を感じて、マメもできやすく、長く走れるイメージが持てません。
    普段から薄いのを履いていないから、慣れていないだけかもしれません。
    このブログを読んで、レース用、練習用と、分けるのも辞めようと思っています。

    レースや練習でも、ナイキはどうかなと思っているので、ご意見聞かせて頂ければと思います。

    宜しくお願い致します。

    • TAさん
      ご連絡が遅くなりまして、申し訳ございません。
      お答えさせて頂きたいと思います。

      ライトレーサー、サイバーレーサーに共通するのが、前足部屈曲でアーチサポートのあるシューズであることです。

      ターサーjapanやwave emperorは中足部接地のニュートラルなシューズです。

      sen boostもやや前足部接地でニュートラルなシューズですね。

      これらの情報を鑑みると、アーチサポートがあった方が楽に走れるような気がしています。

      そこでご質問のありましたズームストリークとズームエリートですが、
      ズームエリートは前足部の屈曲でサポート機能がありますね。
      一方ズームストリークは中足部の屈曲でニュートラルです。

      ズームエリートの方がライトレーサーやサイバーレーサーに近い感覚で走れると思います。

      ご参考になりましたら幸いです。
      何卒宜しくお願い申し上げます。
      北川司

  • アドバイスありがとうございました!ズームエリート9を履こうと思います。

    自分の足はハイアーチに近かったので、サポートタイプの方が合っているというのは意外な発見でした。
    もう1つ伺いたいのですが、靴下を履かずに走ると、物凄くグリップが効くというか、靴を踏み込めて走りやすいのですが、これはどういう事なのでしょうか?
    靴下を履くとその感覚はなくて、「しっかり」踏み込めてはいません。どこかツルッと滑る感があります。薄い靴下程滑ります。滑り止めがあると、マメができやすいです。
    ただ、元々マメはできやすいのですが、靴下を履かないと更にすぐマメができるので、ほとんどやりません。

    これは靴のサイズや種類問わず、すべての靴に当てはまります。

    お忙しい中お手数ですが、ご回答頂けたらと思います。

    • こんばんは。
      ライトレーサーがしっくりきて、ターサージャパンやtakumi senがしっくりこないというところからそのような推測をさせて頂きました。

      マメの件ですが、
      靴のサイズがピッタリ合えば、マメのリスクは極めて少なくなります。
      裸足で走ったり、滑り止めの靴下を履いてマメが出来るのは、そもそものシューズが緩いことが考えられます。

      シューズと靴下と足は三位一体。
      どれかが動けばトラブルになります。

      その点を考えれば、asicsからナイキに変えることはとても良いのではないかと思っています。

      最後に、裸足で走るとグリップが効く
      滑り止めのソックスでマメが出来やすい
      というのは、しっかり指を使って走られている証拠で、とても良いことだと思います。

      靴の中で動かないシューズを選択頂いて、より速くより楽に走っていきましょう!

      • ご丁寧にありがとうございました!
        とても勉強になりました!

        時間が合えば、セミナーにも参加したいと思いますので、その時に色々とお話を聞かせて頂きたいと思います。

        どうもありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。