【その4】柴又100Kに向けての取り組み

残り2ヶ月半。
本腰入れて練習を行って参ります。

古河はなももマラソン終了

最初のポイント練習である
「古河はなももマラソン」が終了。

完走記はこちら
http://tsukasakitagawa.com/2017/03/13/5th_koga_hanamomo_1/
http://tsukasakitagawa.com/2017/03/14/5th_koga_hanamomo_2/
http://tsukasakitagawa.com/2017/03/15/5th_koga_hanamomo_3/

タイムだけ見れば、全く振るわない結果だけど、
これまでの練習からすれば上出来。

ここから上げて行けそうな気配です。

古河はなももマラソンの収穫と課題

【収穫】
・練習量が足りなても、最後まで走りきれた。
・ペース設定が割と上手くいった。
・現状把握が出来た。
・ジェルの代わりに使った「スポーツ羊羹」の実験が出来た。
・多くの仲間の喜びの声を聞くことが出来た。
・楽しめた。

【課題】
・明らかな練習不足(持久力・スピード共に)

明らかに練習量が足りていない状況で、
その中から「最後までいけそうなペース」を見つけ出し、
走りきれたことは大きな収穫。

「練習量」が絶対的に足りていないと走りきれないことも
改めて確認出来た。

皆さん、練習不足でぶっつけ本番!
というのはなるべく止めましょう!笑

次のレースは週末の駅伝

何と距離は3km!
一体どのくらいのタイムで走り切れるか、
全く予想がつかない。

けれども、今の自分にとってはとても良いタイミング。
「強制的に大きく身体を動かす」
という目的には持って来い。

週末に出せる力を出し切れるよう、
残り3日でできる範囲の準備をしたいと思います。

そのために行うこと。

1.速い動きを入れる。
(400m×○本、ウィンドスプリントなど)
2.パワーブリーズという呼吸筋を鍛えるアイテムの使用
(今回、実験的に使ってみようと思います。効果が出るようでしたらご紹介致します。)

3,上半身のケア
(上半身が動いていないと、速く走ることはほぼ不可能)

6月までに行うべきこと

1.大腰筋の強化する
(上半身と下半身の連動性を高めるために必要)
2.4月の掛川・新茶マラソンで2時間48分以内(キロ4分以内)で完走する
3.60km走を2回実施する
4.スピード練習(400m×10〜15本)を必ず1回/週入れる
5,感覚走(皇居1週、1回/週)でその時の状態を確認する
6.走る距離は月間250km以内に制限する
(その代わりに、走る以外のトレーニングを行う)

マラソンは準備が全て。
しっかり準備をして、本番を迎えたいと思います。

*****************************************
シューズコンサルティング実施中!
詳細はこちら!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2017/
*****************************************
12/16(土)13:00〜16:00
広島でセミナー開催決定!!
「ランニングシューズ選びに大切な3つのこと」
https://moshicom.com/12731/
*****************************************
新しいコミュニティ「Up to U」が発足!!
詳細・お申込みはこちら
https://tsukasakitagawa.summon.jp/plans/189
※お申込みには本サイトへの会員登録(無料)が必要です。
*****************************************

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。