【その8】柴又100Kに向けての取り組み

身体が少しずつ本気モードになってきた。
人間の身体ってよく出来ていて、
毎年この時期になるとスイッチが入ってくる。

自分の場合、ONの期間は長くないので、
如何にこの時期にしっかりトレーニングをしていけるか…?

長くても一年で2ヶ月ってところかな笑

柴又、サロマに向けてトレーニングを積んでいきます。

それまでに行わなければならないことが幾つか。

【ランニング】
1、60km走×2
→ウルトラを走る感覚に戻す。
2、(400m×10本)×5
→身体のキレを残す。
3、5000m感覚走(適宜)
→現状、どのくらいのスピードがあるかの確認。

【トレーニング】
1、インソール着用による歩行(走らない!!)
→アーチを作り出し、足の指を使えるようにする。
2、大腰筋のトレーニング
→上半身と下半身の連動性を出し、スムーズに身体を動かせるようにする。
3、呼吸のトレーニング
→しっかり吐き切ることが出来るようにすることで、
呼吸が浅くなってしまうのを防ぐ。

【その他】
1、シューズの選定(trial&error)
→愛用のものは廃盤なので、次の相棒を模索中。

第一回目の50km走を実施

この時期恒例の皇居ぐるぐる。
細かな設定は決めず、60km走の予定だった。
目的は2つ。
1、60kmをレースペースに近いペースで走ること
2、シューズのチェックをすること(adizero takumi sen boost 2)

結果は、こんな感じ。

【皇居10周(50km)】
3時間35分41秒(ave.4分18秒/km)
21分25秒→21分50秒→21分30秒→21分35秒→
21分31秒→21分06秒→21分17秒→21分18秒→
21分42秒→22分22秒
※フルマラソン地点を3時間01分くらいで通過した辺りから
ふくらはぎの張りが強くなり、速度を落とし50kmで終了…。

1、60kmをレースペースに近いペースで走ること

今回は50kmまでだったけど、
ある程度はこのペースでいける手応えを掴んだ。
脳にかなりのストレスを感じるこの練習を行うことが出来たし、
とても有意義な時間だった。

一方で、まだ脚が出来ていない印象も。
ここから一ヶ月ちょっとあるので、もう少し脚づくりをしていきたい。

2、シューズのチェックをすること(adizero takumi sen boost 2)

使ったシューズはこれ。

初代のsen boostが出た時には、全く合わずに
2年前のこの練習では30kmで終了した経緯がある。

今回はどこまで行けるかなぁ。
と半分テストで行った。

だから60kmまで持たなかったことは、想定内。
このシューズは選択肢から外れました。

また、
前回の掛川・新茶マラソンではこれを使って、
水ぶくれが大変なことに…

本番は、従来通りのこのシューズでいくことが決定!?
(adizero takumi sen 2)

3シーズン連続でこのシューズが勝負靴に。

あ、そういえばオーダーシューズもありました。

ちょいちょい使ってテストしてみよう。

5/3の駅伝までにスピードを戻す!

距離に対する耐性は出来たので、
後はしっかりスピードを戻していくこと。

ただ、気をつけなければならないのが、

「走り込み中のスピード練習は故障のリスクが伴う」

ということ。

それを防ぐための、
大腰筋のトレーニングだったり、
インソールの着用だったり。

400mのショートインターバルを2回行って、
しっかり走れるようにしたいですね。
35分/10kmくらいでは走りたいなぁ。

出場するのは横浜駅伝。
多くの仲間が参加します。

会場でお会いした際には、宜しくお願い致します(^o^)

*****************************************
シューズコンサルティング実施中!
詳細はこちら!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2017/
*****************************************
12/16(土)13:00〜16:00
広島でセミナー開催決定!!
「ランニングシューズ選びに大切な3つのこと」
https://moshicom.com/12731/
*****************************************
新しいコミュニティ「Up to U」が発足!!
詳細・お申込みはこちら
https://tsukasakitagawa.summon.jp/plans/189
※お申込みには本サイトへの会員登録(無料)が必要です。
*****************************************

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。