【完走記】柴又100K ~東京⇔埼玉⇔茨城の道~⑥

【完走記】
柴又100K ~東京⇔埼玉⇔茨城の道~⑥

お腹を壊し、辛くて辛くて仕方なかった
柴又100K。
振り返っていきたいと思います。

第1話
http://tsukasakitagawa.com/2017/06/07/shibamata_kansouki_1/
第2話
http://tsukasakitagawa.com/2017/06/09/shibamata_kansouki_2/
第3話
http://tsukasakitagawa.com/2017/06/10/shibamata_kansouki_3/
第4話
http://tsukasakitagawa.com/2017/06/11/shibamata_kansouki_4/
第5話
http://tsukasakitagawa.com/2017/06/12/shibamata_kansouki_5/

【記録】
8時間53分45秒
(前半:3時間45分50秒)
(後半:5時間07分55秒)

【5km毎のラップ】

【携帯したもの】
ウェストポーチを2つ用意。
1つは身に付け、もう1つは50km地点に送るドロップバッグに。

(前半)
・APPLE HONEY×2
・経口補水パウダー×5
・芍薬甘草湯(2.5g)×1

(後半)
・APPLE HONEY×2
・Mag-on×1
・経口補水パウダー×5
・芍薬甘草湯(2.5g)×1
・ガスモチン(5mg)×2
・ロペミンカプセル(1mg)×1

携帯した商品やその理由はこちら

60km過ぎに遂に「菌」の猛威がやってきた。
苦しんで苦しんでようやく80kmまで到達。
果たして…。

80km〜90km

あと20km…。
果てしなく遠い距離に感じる。

63km付近から始まった「菌の猛威」は
一向に収まる気配がない。

相変わらず、
少し走ってはトイレ。
少し走ってはトイレ。
を繰り返していた。

更に気温も上がってきて、
熱中症と脱水症状のリスクも高まっているもの感じていた。

それを心配するがあまり少し水分を摂ろうもんなら、
速攻で便意が襲ってくる。

便意を我慢→エイドに着く→トイレに行く→お尻が痛く悶絶
→トイレを出て、エイドでかぶり水を首筋にかける→
延々これの繰り返し。

単調な江戸川の河川敷をひたすら下っていく。
「つまらないなぁ」とか思うであろう景色も
全く気にならない。

そうこうしていると、
またまた仲間の応援が!!
しかも静岡から!!
とても嬉しかったけど、
反応することが出来なかった…。

全く脚が上がってない…笑

そして85km。
7時間14分57秒。この5kmは33分44秒。

残り15kmで1時間45分!
行けるか!?

85kmを過ぎてもキツさは変わらない。
この辺りははっきり覚えていないんだけど、
ただただ歩を前に進め、トイレに行き、前に進め、トイレに行き…
を繰り返していた。

螺旋状に河川敷を上に上がる上り坂は、
歩くより遅いんじゃないかというようなスピードで上がる。

「千里の道も一歩から」
この言葉が脳裏を過る。

正にこのことだ!!

そして、ようやく90km。
これまで時間に余裕があったが、
この5kmは37分28秒。
スプリットは7時間52分28秒。

9時間切りまでの余裕がなくなってきた。
このペースでは少し厳しい…。

90km〜finish

長い長い100kmの道のり。
というかお腹を下してから約30km。

そんな苦しい道のりも残り10km。
これまでの重たい気分から、少し前向きな気持ちになってきた。

少しガス欠気味だったので、最後のジェルをチビチビと摂る。
下痢の症状が治まってきたのが分かった。

それでも、また便意を催すのが怖いため、
水も飲むことはせず掛けるだけ。

エイドではかぶり水を掛けながら、
ひたすら前に。

時計を見ると、キロ6分くらいでは走れていた。
よし!このまま、このまま。

普段あまり時計を見ない自分だけど、
1kmの通過の度に時計を見てしまう。

キロ6分以内で走れていることを気にしながら…。

そして、いよいよ95km。
8時間21分57秒。この5kmは久し振りの20分台。
29分29秒。
少し貯金が出来た。
あと5km…。

その後もただ歩を進める。
ただこの先は砂利道…。
キツい…。
でも、もう少しで…。

そして97km。
この辺りで、エネルギーがほぼなくなったのが分かった。
一気にペースが落ちる。

ただ、目の前は真っ暗にはなっていない…。
でもこのままいくとまずいな…。
と思いながらも何とか走っていた。

最後のエイドがあり、
下してしまうのを覚悟で砂糖を含む「スポーツドリンク」を飲む。

お、便意を催さない!!
治ったか!?

スポーツドリンク程度では焼け石に水で
98kmを過ぎると完全にエネルギーが切れてきた。
すると、目の前に、神様か仏様か
「ブドウ糖」を配ってくれている人を発見!!

すかさず、
「ブドウ糖下さい!!」
と声を掛けると、快く渡してくれた。

身体に吸収されていくのが分かる。
少し元気になる。

それでも持ったのは500mくらい。
また、がっくりペースが落ちるが、
いよいよゴールが見え始めた!

ゴール!!

何だかとても感傷的になる。
一刻も早くゴールして、芝生に寝転びたい気分。

そして、いよいよゴールの瞬間。
ゴール前ではスパートを掛けて抜かしていく人がいたが、
自分にはそんな余裕など、全くない。

そして、ついに、ついに…

長かった…。
余りにも長かった…。
でもよく辿り着けた…。
やっと終わった…。

フラフラになりながらも両手を挙げて
感傷になりながらゴール!!!!

時計は8時間53分45秒。
歓喜と言うか安堵の瞬間だった。

 

こんな絶妙な写真が…。
ゴールに向かって一礼していると…笑

ゴール後

走っている時はキツくてキツくて仕方なかったが、
走り終わってみると悔しさだけが残っていた。
達成感というよりも何だか虚無感の方が強かった。

そして、
絶対にサロマでリベンジをしよう!
と強く誓った…。

至福のスイーツタイム

下痢はすっかり治まっていた。
(この時は分からなかったけど、
今思うには、毒素が全て出切ったということかな…)

その後、シャワーを浴び、ずっと行きたかった
柴又では老舗の洋菓子店。
「コシジ洋菓子店」へ。

とある異業種交流会でお会いしたこのお店の店長である
角田さんがとても素敵な方。
この日に絶対伺いたいと思っていた。

そこで社長の角田さんに手厚い歓迎を受け、
ケーキとプリンを頂く。
これが甘さ控えめで美味しくて美味しくて…

コシジ洋菓子店
http://shibamata-kosiji.com/visitor.html

是非、柴又に行かれた際には、
足を運んでみて下さいね。
とっても素敵な洋菓子屋さんです\(^o^)/

辛くも辛くも
最後は心がほっこりした柴又↔茨城
の旅でした\(^o^)/

夜の会場の雰囲気が幻想的…

長文をお読み下さいまして有難うございました。
サロマに向けてしっかり調整をして
絶対にリベンジを果たしたいと思います。

第1話
http://tsukasakitagawa.com/2017/06/07/shibamata_kansouki_1/
第2話
http://tsukasakitagawa.com/2017/06/09/shibamata_kansouki_2/
第3話
http://tsukasakitagawa.com/2017/06/10/shibamata_kansouki_3/
第4話
http://tsukasakitagawa.com/2017/06/11/shibamata_kansouki_4/
第5話
http://tsukasakitagawa.com/2017/06/12/shibamata_kansouki_5/

***********************************************************************
【シューズの「少し合わない」を解決する!!】
靴修理のスペシャリストをお招きします!!
シューズの可能性が広がりますよ!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/seminar20171112/
***********************************************************************
シューズコンサルティング実施中!
詳細はこちら!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2017/
***********************************************************************
「フルマラソン快走のための手引き」
無料でプレゼントしています!!
お申し込みはこちら!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
***********************************************************************
新しいコミュニティ「Up to U」が発足!!
詳細・お申込みはこちら
https://tsukasakitagawa.summon.jp/plans/189
※お申込みには本サイトへの会員登録(無料)が必要です。
***********************************************************************

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。