【補給編】サロマ湖100kmウルトラマラソンの準備

※写真
・APPLE HONEY
・経口補水パウダー
・メダリストアミノダイレクト5500
・スーパーメダリスト
・タケキャブ
・芍薬甘草湯
・ロペラミド塩酸塩(下痢止め)
・ガスモチン(胃腸を動かす作用のあるもの)
・補中益気湯
・エビオス錠

サロマまでいよいよあと3日。
今回の記事では、本番で使用するもの。
そして、エネルギーを溜め込むに当たり、
あると便利なものを書いていきたいと思います。

ポイントは、
「如何に「スタート時の自分」と変わらない状態で歩を進めるか…」
です。

走る時に携帯するもの

サロマ湖100kmウルトラマラソンでは、
55km地点にドロップバッグを置くことが出来、
ここで着替えたり、補給したりすることが出来ます。

私の場合は、ウエストポーチを2つ用意し、
ひとつはスタート時に携帯をし、
もうひとつは55km地点のドロップバッグの中に入れます。

中身はこちら

【前半】
APPLE HONEY:2ケ
経口補水液:5袋
芍薬甘草湯:1袋
ロペラミド塩酸塩(下痢止め)
:2錠(この薬は2錠で1回分)

【後半】
APPLE HONEY:2ケ
経口補水液:5袋
芍薬甘草湯:1袋
ロペラミド塩酸塩(下痢止め)
:2錠(この薬は2錠で1回分)
ガスモチン(胃腸を動かす作用のあるもの):1錠

エネルギーを溜め込む

100kmもの距離を走りきるには、
ある程度のエネルギーの充填が必要。

ただ、どうしても食欲がない…。
という場合でも、ある程度はお腹に入れておかないと
100kmもの距離を走りきることは出来ません。

そこで、少し食欲を出すのに必要なものをご紹介。

補中益気湯という漢方薬。
一般的には、病後などの食欲のない時に使用するものですが、
レース前なのに食欲が…
でも食べないと…
という時に役立ちます。

また、何となく下痢気味…
という方にはこちらがお勧め。

こちらは薬というより、ビール酵母で出来ていますので、
栄養剤に近いですね。
「医薬品」ではなく
「指定医薬部外品」となっています。

スペシャルドリンクについて

サロマ湖100kmウルトラマラソンでは
「登録の部」の方のみスペシャルドリンクを
置くことが出来ます。

置くことの出来る場所は、
「30km地点」「63.5km」「80km」
の3箇所です。

ここで何を入れるかはとても重要です。
中には30kmからコーラを一本置いている方もいらっしゃいますが、
「血糖値を急激に上げてしまうもの」
はお勧めしません。

ポイントは
「血糖値を穏やかに上げ、吸収が良く、そこそこのカロリーを含む」
ことです。

今回、
私の場合は、以下のもので作ります。

【30km地点】
・メダリスト アミノダイレクト5500:1/2袋
・経口補水パウダー:1袋
・APPLE HONEY:適量

【63.5km地点】
・スーパーメダリスト:1/2袋
・経口補水パウダー:1袋
・APPLE HONEY:適量

【80km地点】
・スーパーメダリスト:1/2袋
・経口補水パウダー:1袋
・APPLE HONEY:適量

※APPLE HONEYは後半になるに連れて濃い目に。

レース前には「胃酸を止める!」

レース後に食欲がなくなってしまう…
という方については、
「胃酸を止める」という効果的な方法があります。

市販されているもので最も有名なのは
「ガスター10」

私は、胃腸が強い方ではないため、
「ガスター10」よりも胃酸を強力に止める
「タケキャブ」を使用します。
※処方薬ですので、ドラッグストアなどでは手に入りません。

明日は、身につけるものについて書いていきます。
レースは既に始まっています。
準備をしっかり行って本番に臨みましょう!!

*****************************************
シューズコンサルティング実施中!
詳細はこちら!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2017/
*****************************************
12/16(土)13:00〜16:00
広島でセミナー開催決定!!
「ランニングシューズ選びに大切な3つのこと」
https://moshicom.com/12731/
*****************************************
新しいコミュニティ「Up to U」が発足!!
詳細・お申込みはこちら
https://tsukasakitagawa.summon.jp/plans/189
※お申込みには本サイトへの会員登録(無料)が必要です。
*****************************************

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。