【完走記】第32回サロマ湖100kmウルトラマラソン②

【完走記】第32回サロマ湖100kmウルトラマラソン②

【記録】
10時間26分10秒※100kmマラソンワースト
※フル通過:3時間02分03秒
(前半:3時間38分36秒)
(後半:6時間47分34秒)

【ラップ(5km毎)】
21分39秒→21分11秒→21分28秒→21分25秒
※少し遅いかな…。
21分32秒→21分52秒→21分37秒→21分40秒
※向かい風の中、集団を引っ張る。身体に異変が…。
21分56秒→24分10秒→30分30秒→26分51秒
※トラブル発生。失速開始。
33分29秒→30分23秒→33分42秒→32分40秒
※ただただ耐える。
32分47秒→122分06秒→28分07秒→36分58秒
※低体温症により救護、少し回復して何とかゴール。

余りにも苦しいレースとなってしまった
9年連続9回目のサロマ湖100kmウルトラマラソン。
何とか9回目のゴールを果たし、
いよいよ来年は10回目の完走の称号「サロマンブルー」
を目指すことに。
ゴールした瞬間はホッとした気持ちでしたが、
時が経つに連れ、悔しさばかりが残っています。

今回は第2話。
いよいよレースがスタートします。

※第1話はこちら
※第3話はこちら
※第4話はこちら
※第5話はこちら
※第6話はこちら

レース前

朝1時起床。
やはり気になるのは天候。

カーテンを開けると、激しい雨音が…。

「やっぱり雨か…」

少しテンションが下がる。

昨夜作っておいた経口補水液をちびちびと飲みながら、
おにぎり、カップうどんを頬張り、
糖質、塩分、水分をしっかりと補給。
※経口補水液の作り方はこちら

ウェアについて、かなり悩んだが、
Tシャツ、アームウォーマーにビニール袋を被るスタイルでいくことに。
(これが結果的に、つらい状況を生むことに…)
※ウェアの選択などについてはこちらに詳しく記述しています。

そして準備をし、3時発のバスに乗るため、
2時20分頃宿を出発。

※本大会はスタート地点とゴール地点が異なり、
レンタカーをゴール地点に置いておくことが必要なため、
一度ゴール地点に車を置き、バスでスタート地点へ移動する必要がある。
(走らない方がメンバーにいる場合、直接スタート地点に行くことが出来る)

車に強く打ち付ける雨音。
車が水しぶきを上げながら進んでいく。
厳しい条件でのレースになることを予想する。

バスに乗り、スタート地点である湧別町総合体育館へ。
ランナーの待機場所に陣取るが、この天候のせいか
例年よりも幾分テンションが低いような印象を受ける。笑

僕もその一人。
いつものようにテンションが上がってこない。

荷物とスペシャルドリンクを預け、
トイレを済ませ、いよいよスタートの列へ。

雨は一向に降り止まない。
そんな中、長い100kmの旅が遂にスタートです。

いざ、号砲!!

「バン!!」
午前5時。
号砲と共に、100kmの旅がスタート。

最前列ではなかったので、少しずつ前のランナーをかわし、
自分の走りたいペースのところで落ち着く。

周りには見慣れた顔。
お互いの健闘を称え合い、各々のペースで進んでいく。

1kmの通過は4分05秒くらい。
サロマの最初の1kmはやや短いので、こんなもの。

5人ほどの集団が出来、
ペースとしては、4分15〜20秒/kmくらいで落ち着いた。

相変わらずの強風と強雨。
雨が顔を打ち付け、痛い。
過酷なレースになることを予想する。

スタート〜10km

最初の5kmの通過は、
21分39秒。
向かい風のせいか、少しペースが落ちている。
少し遅いな…。
という感覚だった。

その後は20km手前の折り返しまで、
淡々と真っ直ぐな道を進むコース。

この区間は追い風のせいか、走りのリズムが良くなる。
無理せず、抑えすぎず。
その塩梅を探りながら進んでいく。

そして、10km通過。
42分50秒。
この5kmは21分11秒。

丁度いいペースに落ち着いた感じだった。

10km〜20km

再び5人くらいの集団が形成される。
身体が動いている感覚があったので、
若干「遅い」と感じていた。

それでも「先は長い!」と言い聞かせ、
この集団の中で歩を進める。

ここでしっかり力を温存して、
勝負は50kmを過ぎてから…。
そんな思いで走る。

そして、15km通過。
この5kmは21分28秒。
やはり集団のペースが若干落ちている。

それでも気にしない。
先は長いのだから…。

18km過ぎ。
早くもトップランナーが折り返してくる。
世界記録を狙っているという板垣さんだ。

物凄いスピード感。
このペースで100km…。
すげーな。

そんなことを思いながら、エールを送る。

そして、最初の折り返しを過ぎると向かい風に。
体力的に余裕があり、向かい風もそんなに気にならない。
自然と集団を引っ張るような形に。

知り合いのランナーが前からやってくる。
声を掛け合いながら、テンションも上がる。

そして、20km通過。
この5kmは21分25秒。
スプリットは1時間25分46秒。

身体の異変がこの先にやってくることを
この時はまだ知りませんでした…。

※第1話はこちら
※第3話はこちら
※第4話はこちら
※第5話はこちら
※第6話はこちら。 

*****************************************
シューズコンサルティング実施中!
詳細はこちら!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2017/
*****************************************
12/16(土)13:00〜16:00
広島でセミナー開催決定!!
「ランニングシューズ選びに大切な3つのこと」
https://moshicom.com/12731/
*****************************************
新しいコミュニティ「Up to U」が発足!!
詳細・お申込みはこちら
https://tsukasakitagawa.summon.jp/plans/189
※お申込みには本サイトへの会員登録(無料)が必要です。
*****************************************

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。