シューズの屈曲とタコの関係

多くのランナーの足の裏を見てきて、
タコが出来ている方は意外と多い。

その出来ている場所の殆どは、
「指の付け根」から前足部の辺り。

この位置にタコが出来る人の殆どが「横アーチ」が失われている
「開張足」である場合が多いのですが、
「シューズの屈曲」を変えることでタコが軽減する可能性が高いです。

もちろん、アーチをしっかり作って…
ということは行わなければ、根本解決にはなりませんが、
もし痛くて大変…
という方は、シューズを選ぶ観点を変えてみるといいかも知れません。

ここでは、シューズ選びとタコの関係について
考察していきます。

タコは体重が掛りやすいところに出来る

単純な話、
「タコは体重が掛かりやすいところに出来る」のです。

体重が掛かるからタコが出来てしまうのであって、
その部分に掛かる「力」を分散してあげればいい。

もちろん、根本からタコが出来ないようにするには、
自らの足と真摯に向き合わないといけない。

でも、アイテムを変えることで、タコが出来なくなるのなら…。
一度試して頂きたいことがあります。

 

シューズの屈曲とタコの関係

前にお話しました、
「シューズの屈曲点」。

世の中にあるシューズの多くは、
このように屈曲します。

このように曲がるシューズの場合、
体重が一番掛かるのは当然
「シューズが曲がるところ」。

すなわち、タコが出来る場所なのです。

痛い部分が屈曲するわけですから、
当然痛いわけです。

因みにですが、
三本のアーチがしっかりあって、
足の指が使えている足では、
このようなシューズを履いても、
タコが出来ることは殆どありません。

「曲がるところ」の違うシューズにしてみる

例えばこんな感じ。

上の図のように曲がるシューズは少数派。
殆どのシューズが下の図のように曲がります。

上のような曲がり方をするシューズに変えてみましょう!

「屈曲」という観点をシューズ選びの軸にしてみる

「クッション性」「反発性」。
ここに注目するランナーは多いですが、
「屈曲」という観点でシューズを選ぶ方は少ないように思います。

シューズを選ぶ時は是非
シューズを曲げてみて下さい。

曲がる位置の違うシューズを履くことで、
かなり感覚が変わりますよ。

*****************************************
シューズコンサルティング実施中!
詳細はこちら!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2017/
*****************************************
12/16(土)13:00〜16:00
広島でセミナー開催決定!!
「ランニングシューズ選びに大切な3つのこと」
https://moshicom.com/12731/
*****************************************
新しいコミュニティ「Up to U」が発足!!
詳細・お申込みはこちら
https://tsukasakitagawa.summon.jp/plans/189
※お申込みには本サイトへの会員登録(無料)が必要です。
*****************************************

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。