左右差がある場合の対処法

両足が全く同じ形、大きさなんてことは有り得ません。

どんなにぴったり合うシューズでも、
左右両方とも完全に合うものなどありません。

左右差がある場合、両方ピッタリ!!
なんてことはないため、
多くの場合、妥協点を見出して
シューズを選ぶことになるわけですが、
以下のような問題点が発生します。

小さい足が犠牲になる

殆どの場合、小さい足が犠牲になります。
疲れやすいのも小さい足。
アーチが崩れやすいのも小さい足。

小さい足が犠牲になる理由は、
常に「緩い」状態に晒されているから。

「緩い」状態こそ、トラブルの元。

いつまで「大きい方の足」に合わせてシューズを選びますか?
いい加減、小さい方の足を労ってあげましょう!笑

「大きい方」に合わせている限り、トラブルはなくならない

殆どのショップに行くと、
「大きい方に合わせましょう!」
と言われます。

小さい方に合わせると、
大きい方が当たって痛いからです。

当たって痛いシューズなんて
買いたくないわけです。

それは避けたい。
客も店員も。

客も早くシューズが欲しい。
店員も早くシューズを売りたい。

そんな訳で「大きい方」を選ぶことで
双方の利害が一致し、当たり障りのないものの
購入に至るわけです。

ではどうすれば良いか?

①先ず、小さい方に合わせる
(緩くないか確認する。)
②大きい方に合っているか確認する
(キツすぎないかを確認する。)

これで問題がなければ、一先ずOK。
もし、これで大きい方が痛い場合、

③1つサイズを上げてみて、大きい方が合っているか確認する。
④小さい方が緩くないかを確認する。

ここまででしっくりこなければ、
そのシューズ自体が合っていないということ。

違うシューズにするべきでしょう。

差が大きいなら、セミオーダーか2足買うか。

左右差が大きくあるのに、
同じサイズのシューズを履くというのには
無理があります。
セミオーダーか、サイズの異なるものを2足買うことが賢明です。

測定をしても、大きい方に合わせてしまったら意味がない

よく、足を測って買ったんだけど、
足に合わない…。

という声を聞きます。

その測ったデータ。
頭に入っていますか?

測定をしたら、先ずは自分でそのデータを見てみましょう。
そしてそのデータを頭に入れましょう。

そして、データを知ったからには、
小さい方の足を中心に考えましょう!

大きい方を重視してくる店員の声は、
申し訳ないけど、聞いたふりをしましょう!

自分の足を、
自分の身体を守るのは自分自身しかいないんですから…。

身体が悲鳴を上げるのは、
「足元」が安定していないからなのです。

***********************************************************************
【シューズの「少し合わない」を解決する!!】
靴修理のスペシャリストをお招きします!!
シューズの可能性が広がりますよ!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/seminar20171112/
***********************************************************************
シューズコンサルティング実施中!
詳細はこちら!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2017/
***********************************************************************
「フルマラソン快走のための手引き」
無料でプレゼントしています!!
お申し込みはこちら!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
***********************************************************************
新しいコミュニティ「Up to U」が発足!!
詳細・お申込みはこちら
https://tsukasakitagawa.summon.jp/plans/189
※お申込みには本サイトへの会員登録(無料)が必要です。
***********************************************************************

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。