「走力」「レベル」でシューズを選んでしまう危険性

シューズの小売店を見ていると、

「サブ3用」
「サブ4用」
「フルマラソン完走用」

と言ったカテゴライズされているケースが多い。

もちろん、マーケティング的には、
そのほうが分かりやすいだろうし、
消費者も購入しやすいだろう。

だけど…

そこに落とし穴が…

もちろん、そのように選ぶのが100%間違っているとは言えない。
けれど危険なのは、

シューズを選ぶ基準が、
「フルマラソンを何時間何分で完走出来るか?」
「持ちタイムがどのくらいなのか?」
しか与えられないこと。

「走力」はシューズ選びにおいて、
「ひとつの判断基準」でしかないはずなんです。

それにも拘らず、
「走力」が全てのような表現がされているケースが多い。

そのように伝えてしまう店員さんも多いのが事実。

でもこれこそが、
シューズ選びを失敗してしまう原因になってしまうことが多いんです。

「薄さ」と「走力」は関係ない!?

薄いシューズを履きこなせるかどうかは、
「走力」でなく「足の状態」によることが多いです。

どんなにスピードがあっても、
扁平足で開張足で、脚の状態が悪ければ、
薄いシューズで長い距離を走るのは疲れるでしょう。

逆に、走力は多少劣っていたとしても、
アーチがしっかりあり、身体を支えられているランナーであれば、
薄いシューズで長い距離を走っても疲れることはないでしょう。

「傾向」として、速いランナーの方が足の状態が良いことが多いだけであって、
全員が全員、それに当てはまるわけではないのです。

シューズは「走力」ではなく「フィット感」で選ぼう!

一般的に、初心者用のシューズの方が、
「ゆったり」作られているケースが多いんです。

例えば、
足幅が無茶苦茶細い初心者の方がいたとします。

そして極論ですが、以下の2足しかなかったとします。

1,「幅広な分厚いシューズ」
2,「ピッタリした薄いシューズ」

この場合、どちらを選択するでしょうか?

………

どうでしょうか?

ぶかぶかさを我慢して、クッション性を選ぶのか?
多少薄くてもピッタリしたものを選ぶのか?

「明らかに緩い」靴と
ぴったりの靴

どちらが走りやすいかは、
履いてみれば分かります。

「走力」だけでシューズを選ぶのは勿体無い!!

「私は遅いから、薄いシューズは無理…」

という考えは、どうしても選択肢の幅を狭めてしまいます。

「薄い」というだけで除外!!

そんなの勿体無い。

走力に関係なく、走力という枠組みに捕われること無く、
シューズの選択をして欲しい…
そんな風に思っています。

***********************************************************************
【シューズの「少し合わない」を解決する!!】
靴修理のスペシャリストをお招きします!!
シューズの可能性が広がりますよ!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/seminar20171112/
***********************************************************************
シューズコンサルティング実施中!
詳細はこちら!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2017/
***********************************************************************
「フルマラソン快走のための手引き」
無料でプレゼントしています!!
お申し込みはこちら!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
***********************************************************************
新しいコミュニティ「Up to U」が発足!!
詳細・お申込みはこちら
https://tsukasakitagawa.summon.jp/plans/189
※お申込みには本サイトへの会員登録(無料)が必要です。
***********************************************************************

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。