靴を履く以上、靴に委ねる

靴を履くということは、
その全てを靴に委ねるということ。

自らの身体を委ねられないシューズなど履くべきではない…
そんなふうに思います。

靴を履く以上、シューズに全てを委ねる

靴を履くということは、その全てを委ねるということ。
つまり、
その全てを委ねられないものは履くべきではないということ。

とても単純なことです。

シューズの中で足が自己主張が過ぎれば、
全てを委ねたことになりません。

また、委ねた相手との相性が悪ければ怪我をします。

つまりシューズは、

自分との相性が良く、
(構造が今の自分の身体の使い方に合っているもの)

靴の中で自分の足が自己主張しすぎないもの
(シューズに足がフィットしているもの)

を選ぶ必要があるのです。

一方で裸足で走るのは、「足の機能」を呼び覚ます行為

最近、裸足とかワラーチとか
走るランナーが増えてきています。

これは靴の中で収まってしまっている「足の機能」を
呼び覚ます行為。

身体を根本から見直す行為で、超重要です。

「使い分け」が超重要

シューズを履く時は、
シューズにその全てを委ねられるものを。

シューズを履かない時に、
自らの足の機能を高める。

この使い分けがとても重要と思います。

裸足がいいとか、
シューズがいいとか、
そういう話ではなく、
使い分けが重要なのです。

どちらも取扱いを間違えると怪我をしますよ。

***********************************************************************
【シューズの「少し合わない」を解決する!!】
靴修理のスペシャリストをお招きします!!
シューズの可能性が広がりますよ!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/seminar20171112/
***********************************************************************
シューズコンサルティング実施中!
詳細はこちら!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2017/
***********************************************************************
「フルマラソン快走のための手引き」
無料でプレゼントしています!!
お申し込みはこちら!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
***********************************************************************
新しいコミュニティ「Up to U」が発足!!
詳細・お申込みはこちら
https://tsukasakitagawa.summon.jp/plans/189
※お申込みには本サイトへの会員登録(無料)が必要です。
***********************************************************************

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。