腕を振ることを諦める!?

新潟シティマラソンで意識したこと。
それは、
「肩の力を抜く」こと。

レース前、トレーナーの方に肩に力が入りやすいことを指摘された。
もちろん、それを改善するための取り組みも行ったが、
一朝一夕で改善するような簡単なものではない。

そこで、「肩の力を抜くこと」を意識した。

「肩の力を抜くこと」は簡単ではない

よく
「腕を振りましょう!!」
と言われます。

でも、普段無意識に「肩の力が入る」人にとって、
「肩の力を抜く」ことは極めて難しい。

私も今抜くために色々な取り組みをしているけど、
まだまだ抜くことが出来ていない…。
道半ばだ…。

ではどうするか…??

腕を振ることを諦める

またまた破天荒な…。
と思われるかも知れない。

でも、肩周りが固まっている人が無理に腕を振ろうとしても、
上体が左右にブレるだけ。

しかも振ろうと力んでしまえば、重心は上がってしまい、
推進力が逃げてしまう。

「腕は振るものではなく、振れるもの」

振れる状態を作ることが出来て、
初めて効率の良い腕振りが出来るようになるんです。

思い切って
「腕を振らない」
ことをしてみては如何でしょうか?

どうしても力が入ってしまうなら、笑いましょう!!

どうしても肩に力が入ってしまうなら、
笑いましょう!!
辛くても苦しくても笑いましょう!!

力が抜けていきますよ!!(^o^)

Keep smiling!!!(^o^)

*****************************************
1/21(日)13:30〜16:30
靴修理のスペシャリスト、中田翔とのコラボセミナー!!
「ランニングシューズ勉強会@秋葉原」
https://moshicom.com/13394/
*****************************************
【4月1日より内容・価格改定します!】
お申込みはお早めに!!
今の内容でお受け出来るのは、3/31お申込み分まで!!
(6月末日までの日程でお受け致します。)
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2018_1/
*****************************************
新しいコミュニティ「Up to U」が発足!!
詳細・お申込みはこちら
https://tsukasakitagawa.summon.jp/plans/189
※お申込みには本サイトへの会員登録(無料)が必要です。
*****************************************

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。