マラソンは「補給」で速くなる

フルマラソンは「補給」で速くなる。
間違いなくそう思います。

フルマラソン終盤の失速の大半は、
「練習不足」ではなく、「ガス欠」なんです。

「ハンガーノック」のようにガクッとならなかったとしても、
何となく脚が重くなってきた…。
何となく脚が前に出なくなってきた…。

それは「ガス欠」のサインです。

身体がエネルギー不足に陥ってくると、
身体の筋肉を分解して、エネルギーを生み出します。

その結果、筋肉疲労が起こり失速するのです。

3時間以内だから必要ない!
ジェルは1つか2つ持てば十分!
と思っているのであれば、少し考え直してみると
更なる記録向上が期待できるかも知れませんよ\(^o^)/

終盤、必ず失速してしまう…
という方、摂取の方法を考えてみて下さいね。

詳細はこちらに書きました。

【フルマラソン準備編④】「糖質補給」について考える(1/2)
【フルマラソン準備編⑤】「糖質補給」について考える(2/2)

足りないのは、練習ではなく、
ちょっとした知識なのかも知れません。

*****************************************
【シューズコンサル平成最後の大幅値引き!!】
※4/7(日)〜4/30(火・祝)の間の実施に限り、
7980円(税別)で実施します!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2018_4/
*****************************************
マラソン快走のための必読書
「フルマラソン快走のための手引き」
無料配布中!!
是非ご入手下さい!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
*****************************************
フルマラソンを楽に走り切るための秘訣、遂に公開!!
今なら無料で「フルマラソン快走のための手引き」を差し上げています。
これはフルマラソンを快走するために必要な知識を纏めたものです。
「フルマラソン快走のための手引き」を入手する
これを読んで、フルマラソンを「快走」しましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。