ランニング時は心身ともに開放せよ!

「日常生活において身体の基礎が作られ、
ランニング時は、心身ともに解放させる…」

最近強く意識をしていることです。

多くの方が逆を行っている

日常生活において身体が乱れている状態で走ることで、
故障のリスクは格段に高まります。

逆に言えば、日常生活で身体がしっかり作られていれば、
ランニング時の故障のリスクは格段に下がります。

多くの方が、
「日常生活を蔑ろにし、ランニングの時には特に身体に気を遣う」

蔑ろまでもいかないまでも、
優先順位が大幅に下がってしまっているのが事実としてあります。

シューズに例えるとこんな感じ

日常生活はゆるゆるなシューズを履いているのに、
ランニング時だけしっかり靴を選ぶ…。

本番用で履きつぶしたシューズを普段履きにする…。

「日常生活」での優先順位が下がってしまってる証拠です。

ランニング時は体重の3倍もの力が足元にかかる

ランニング時は、
「体重の3倍もの力が足元にかかる」
とも言われています。

もし、その時自分の動きと合わないシューズを履いていたら…
もし、その時自分の動きと合わないインソールが入っていたら…

合わなかった時の悲劇は大変なものです。

それが自らの動きの「クセ」で出てしまう痛みなら、
ずっと付き合っている自らの身体。
何とかなるでしょうし、諦めもつくかも知れません。

でもそれが、シューズだったり、インソールだったり、
「外部からの力」が原因だとしたら…。

しかもそれがレース中に起こってしまったら…
もうどうしようもありません。
悔いても喰いきれませんよね。

いきなり試したことのないインソールを入れてレースに出る!
新品のシューズを履いてレースに出る!

なんていうのは論外です。

「歩行時において身体の基礎を作り、
ランニング時は、心身ともに解放させる…」

身体を矯正するタイミングは「日常生活」であり、「歩行時」です。
ランニング時ではありません。

上にも書きましたが、
「ランニング時は体重の3倍もの力」が掛かります。

そんな強い力の入る場面で、身体を矯正出来るでしょうか?
合わないものを使ってしまっていたとしたら、悲劇を生みます。

日常生活に気を配ることで、
ランニングはもっともっと楽に楽しく走れますよ!!

*****************************************
【シューズコンサル受付中!!】
申し込み欄に「サロマンブルー」と記載して頂くと、コンサル料が半額となります。
この機会にご相談下さい!
(7月内の申し込みに限り、実施期間は8月末まで。)
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/consulting_saromanblue/
*****************************************
LINE@始めました!
これから音声を中心に発信していきます!!
ご登録はこちらから↓↓
「北川司公式LINE@」
https://line.me/R/ti/p/%40nxs8891g
*****************************************
2018年度のメニューを一新しました!!
詳細はこちら
http://tsukasakitagawa.com/menu2018/
*****************************************
マラソン快走のための必読書
「フルマラソン快走のための手引き」
無料配布中!!
是非ご入手下さい!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
*****************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。