【完走記】第44回洞爺湖マラソン③

【大会名】
第44回洞爺湖マラソン

【コース】
洞爺湖を一周するコース。
途中山道の往復がある笑
景観は素晴らしいけど、アップダウンが多いこのコース。
コースは厳しいけれど、素晴らしい大会です。

http://www.toyako-marathon.jp/2018/wp-content/uploads/2017/12/coursemap_01.jpg

http://www.toyako-marathon.jp/2018/wp-content/uploads/2017/12/coursemap_02.jpg

【記録】
2時間54分58秒(ネット:2時間54分52秒)

【ラップ(5km毎)】
(ロス6秒)
19分40秒→20分03秒→20分07秒→20分20秒→4分33秒(前半:1時間24分49秒)
21分16秒→19分46秒→21分40秒→21分54秒→10分06秒(後半:1時間30分09秒)

【使用シューズ】
adizero takumi sen 2 24.0cm

【携帯したもの】
ATHLETUNE ポケットエナジー 4個(黒:2個 白:2個)
(以後、ジェル)
塩と砂糖の混合物(自ら作成)4袋
(以後、電解質)
芍薬甘草湯(保険)1包
下痢止め(保険)1包

【補給タイミング】
8km辺り:電解質
10km手前:ジェル
15km辺り:電解質
20km手前:ジェル
25km過ぎ:電解質
28km辺り:ジェル
32km辺り:電解質
35km辺り:ジェル

【これまでのお話はこちらから…】
【完走記】第44回洞爺湖マラソン①
【完走記】第44回洞爺湖マラソン②
【完走記】第44回洞爺湖マラソン③
【完走記】第44回洞爺湖マラソン④

20km〜30km

既に身体は楽ではない。
動かない脚を前に出していく。

ここからがこの大会特有と言っても良いコース。
3km上って3km下る。

ここからの6kmは全く別のレースを走るような感覚。
※以下が高低図。

まるで
「ハーフマラソン+6kmの登山レース+15kmロードレース」
のような感覚。

この区間は上り一辺倒。
当然ペースは落ちる。

アップデートを追いかけていると、
この区間のペースは殆どのランナーがペースダウンする。
それはこんな理由からです…笑

脚は一向に動く気配がしないので、
その部分は半ば諦め気味…。

でも、今のリズムだけは変えないように。
今のペースから大崩れしないように。

それだけを考えて淡々と上り坂を上っていく。

時計を確認すると、
キロ4分20秒/km辺りまでペースダウンしていた。

ただ、リズムだけは変えないように。
スピードが出ていないせいか呼吸は苦しくない。
ただ、脚が全く動いてくれない。
そんな葛藤と格闘しながら進んでいく。

反対側に25kmのチェックポイントが見える。
こちら側は24km。
あと500mで折り返し…。

上りは苦手ではないので、
ランナーを数名抜かしたようだった。

折り返すと間もなく25km。
この5kmは21分16秒。

それにしても遅い…笑
ま、仕方ないな…。

下りに入ると、気持ちが楽になる。
重力のお陰で、ペースアップ。
ただここで調子に乗ってペースアップすれば、
その後が苦しい…。

上げすぎないように、ブレーキを掛けすぎないように
淡々と進んでいく。

後続の仲間のランナーにお声を掛けて頂くも、
あまり余裕がない。
※お声掛け頂き、あまり反応出来ませんで、申し訳ございません。

下りが終わると、少し上って、
温泉街に向けて再び下っていく。

すると間もなく30km。

この手前のエイドには、このコース名物の
「しそジュース」がある。

昨年は飲まなかったので、
意地でも飲もうと…笑

酸っぱいと思いきや、甘みがある。
美味しかったけど、慌てて取ったので、
半分くらいこぼれてしまった…笑
赤い液体がウェアに被ってしまった。

そんなこんなで30km。
下り坂のせいかタイムは少し上がり
この5kmは19分46秒。
30kmの通過は、2時間01分18秒だった。

30km〜40km

ここからは細かいアップダウンが続くが、
大きな上り坂や下り坂はない。

これまで動かない脚を何とか動かしてここまで来たが、
更にキツくなってきた。

ただ、脚が動かないだけで、呼吸は然程苦しくない。
更に動かなくなった脚を懸命に前に出す。

まだ12kmもあるのか…。
久々にマイナス思考に…。

でも微妙にペースは落ちるが、
ガクッといくような気配はない。

1km1kmが長く感じるが、
ひたすら耐える。

何とか4分20秒/km前後は保てていることは確認。
抜かれるより抜く方が多い。
これもまた1つの励みに。

湖畔沿いの素敵なコースがあまり目に入らない。
ただ、ゴールすることだけを、目の前の一歩一歩だけを
考えて歩を進める。

そして35km。
この5kmは21分40秒。

35kmを過ぎても大きくペースダウンする気配はない。
大失速しないように、ジェルはしっかりと補給。

淡々と淡々と…。

38km辺りで、仲間の応援が…!!
とっても嬉しかった(^o^)

見るからに身体が動いていない…苦笑

そして、ようやく40km。

あと少し…
あと少し…

ここまで何とか粘ってきたけど、
遂に脚が限界に達してきた…。
一気にペースダウンしてきた…。

いよいよゴールを迎えます(^o^)

*****************************************
【北川司マラソン塾始めます!!】
①サブスリー塾
②サブ3.5塾
詳細はこちら↓
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/marathonjuku/
*****************************************
【伸び代診断実施中!!】
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/nobishiro_shindan/
*****************************************
【シューズコンサル受付中!!】
スポーツショップB&D様で行えるようになりました!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2018_4/
*****************************************
【北川司マラソン塾!遂に開講!!】
1)サブスリー塾
2)サブ3.5塾
※詳細は11/26公開します。
*****************************************
2018年度のメニューを一新しました!!
詳細はこちら
http://tsukasakitagawa.com/menu2018_2/
*****************************************
マラソン快走のための必読書
「フルマラソン快走のための手引き」
無料配布中!!
是非ご入手下さい!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
*****************************************
フルマラソンを楽に走り切るための秘訣、遂に公開!!
今なら無料で「フルマラソン快走のための手引き」を差し上げています。
これはフルマラソンを快走するために必要な知識を纏めたものです。
「フルマラソン快走のための手引き」を入手する
これを読んで、フルマラソンを「快走」しましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。