シューズの「硬い」「柔らかい」って?

シューズの「硬い」「柔らかい」って
感じ方は人それぞれ。

同じシューズを履いても、
「この靴硬いんだよなー」
っていう人もいれば、
「いや柔らかいよ!」
っていう人もいる。

その違いって、何によって生まれるのか…?
ちょっと考えてみました。

何回かに分けて書いていきたいと思います。

素材の硬い、柔らかいは別問題

まず、前提として、
この「硬い」「柔らかい」は「素材」の問題ではありません。

「屈曲性」の話です。
http://tsukasakitagawa.com/2017/03/21/kukkyokusei/

最近はミッドソールに柔らかい素材を採用するのが流行り。

履いていて気持ち良いのは柔らかいものかも知れない。
心地よいのは柔らかいものが良いのかも知れない。

でも、想像してほしい。

トランポリンの上を走ったらどうだろう?
忙しない朝の時間に柔らかいソファーに座るだろうか?

ふわふわして気持ち良いのはわかるけど、
「動く」という動作を考えると…。

柔らかすぎる素材のものには「リスク」が伴います。
※まぁどんなものでも「長所だけ」「欠点だけ」ってものはないんですけけどね…。笑

柔らかい靴と硬い靴

「この靴は硬い!」
「この靴は柔らかい!」

というような声を耳にするけど、

でも、その感じ方は人それぞれで、
同じ靴を履いても、
「硬い」と感じる人もいれば、
「柔らかい」と感じる人もいる。

果たしてその違いは何なのか…??

【着眼点①】踵接地かつま先接地か?

1つの指標としては、「踵接地」か「つま先接地」。

踵から踏み込んで、足裏全体で地面を蹴って走るような場合、
当然、シューズはある程度「柔らかい」方が走りやすい。

踵を殆ど接地せず、つま先で蹴るような走りをする場合、
シューズにはある程度「反発性」を持たせた方が走りやすい。

【着眼点②】「蹴って走る」か「置いていく」か?

多くの市民ランナーが愛用しているシューズにおいて
「硬い」の代表選手と言えば、アシックスの「ターサージール」。

これは好きな人と嫌いな人に大きく分かれるシューズの1つ。

ポイントとなるのは、
「蹴る」ような走りをするのか、
「置いていく」ような走りをするのか?

「蹴る」走りをする場合、硬すぎるソールというのは、
「靴が曲がってくれない」ため、「硬く」感じる。

その一方、
「置いていく」走りをする場合、ソールの「硬さ」というのは、
推進力に変わることが多い。
※ただ硬すぎて、推進力を生まずに、上下に跳ねてしまう動きに変わってしまう
リスクも大きい…。

「趾(ゆび)」が使えないと跳ねてしまう

一見、「置く」走りをしていても、
「趾」が使えていないと、地面を捉えることが出来ません。

そのため、ただ「跳ねるだけ」という現象が起こります。

速そうに見えるのに、ピョンピョン跳ねているだけで
意外にスピードが出ていないランナーっていらっしゃいますよね!?

そういう方の多くは、「趾」が使えていません。
指を使えるようになることで、速くなる可能性は高いです。

補足として…

「ズームフライ」というナイキのシューズがありますが、
このシューズは使うべき人が使うと、爆発的な力を発揮します。

勝手にシューズが体重を前に運んでくれるため、
足の指が使えなくても、スピードが出るような作りになっています。

このシューズを好むランナーの特徴としては、

①「置いていく」走りをすること
②「過度な踵接地」でないこと

速くは走れるかも知れませんが、
もし他のシューズを履いてスピードが大きく落ちるのであれば…
それはあくまでも「靴のお陰で速く走れている」ということを忘れずに。

並行して、「自らの足の機能を改善する」ということも
怠らずに取り組んでいかなければ、
足の機能は衰えてしまいます。

長い目で見た時、痛い目に合う可能性がありますから…。

*****************************************
【シューズコンサル受付中!!】
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2018_3/
*****************************************
「ランニングフォーム分析会」実施します!
8/3(金)19:00〜21:00@神保町
※お陰様で満員御礼!有難うございます!!
https://www.facebook.com/events/1655323411260780/
*****************************************
LINE@始めました!
これから音声を中心に発信していきます!!
ご登録はこちらから↓↓
「北川司公式LINE@」
https://line.me/R/ti/p/%40nxs8891g
*****************************************
2018年度のメニューを一新しました!!
詳細はこちら
http://tsukasakitagawa.com/menu2018/
*****************************************
マラソン快走のための必読書
「フルマラソン快走のための手引き」
無料配布中!!
是非ご入手下さい!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
*****************************************

1 個のコメント

  • ここ何か月間…
    ずっとブログを拝見させてもらっています。読めば読む程、自分はこのまま走り続けると
    確実に大怪我していまい走れなくなるなと思いコメントしてみました。
    膝下ふくらはぎ確実外側が張っており、膝下がO脚だと思います。
    それとソールの減り方は、ブログにも記載されている一番悪い減り方の写真そっくりです。
    左足の短腓骨筋腱付着部炎があり、内反小趾ぎみだと思います。
    足の痛み、身体の痛みを感じずに走りたいです。ランニングを好きになりたいです‼
    群馬県在住なのですが、ぜひともランニングシューズを選んで欲しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。