いっちょういったん

私はお客様に合うシューズをお選びすることが仕事。
だからお客様のためにシューズをお選びする。

でも、
シューズで全てが解決することはないし、
シューズが弊害になっていることだってある。

合わないシューズは大怪我の元。
合わないものを履くくらいなら、裸足の方が良いとさえ思う。

だから、
「シューズって良いものですよ!」
とは言えない。

そして
アーチが低いからと言って、インソールを入れるのは
必ずしも正しいことではないし、
扁平足だからと言って、必ずしも故障をするとは限らない。
逆にインソールを入れることで故障に繋がることもある。

だから、
「インソールが良いですよ!」
とも言えない。

靴を履けば一見脚は守れれているようだけど、
靴を履くことで怪我をすることもある。

裸足で走って出来るはずのないところに
豆が出来たりするのはシューズのせいだったりもする。

だからやっぱり
「シューズは良いものですよ!」
とは言えない。

だからといって、足元が大きく乱れているのに
いきなり裸足に近い状態で走れば、故障のリスクは大きくなるだろうし、
だから
「靴を脱いで裸足で走りましょう!」
とも言えない。

時には裸足で歩くことも必要かも知れない。
時にはインソールを入れる必要があるかも知れない。
時には機能性ソックスを使う必要があるかも知れない。
時には…

これをすれば絶対大丈夫っていうものは存在しなくて、
あらゆる可能性を試した上で身体の反応を感じること。

これが出来るようになると、怪我はしにくくなるし、
タイムも上がってくると思います。
やっぱり身体が主役ですから(^o^)

ありきたりだけど、

Don’t think, feel!!

*****************************************
【北川司マラソン塾始めます!!】
①サブスリー塾
②サブ3.5塾
詳細はこちら↓
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/marathonjuku/
*****************************************
【伸び代診断実施中!!】
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/nobishiro_shindan/
*****************************************
【シューズコンサル受付中!!】
スポーツショップB&D様で行えるようになりました!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2018_4/
*****************************************
【北川司マラソン塾!遂に開講!!】
1)サブスリー塾
2)サブ3.5塾
※詳細は11/26公開します。
*****************************************
2018年度のメニューを一新しました!!
詳細はこちら
http://tsukasakitagawa.com/menu2018_2/
*****************************************
マラソン快走のための必読書
「フルマラソン快走のための手引き」
無料配布中!!
是非ご入手下さい!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
*****************************************
フルマラソンを楽に走り切るための秘訣、遂に公開!!
今なら無料で「フルマラソン快走のための手引き」を差し上げています。
これはフルマラソンを快走するために必要な知識を纏めたものです。
「フルマラソン快走のための手引き」を入手する
これを読んで、フルマラソンを「快走」しましょう!!

3 件のコメント

  • 北川 司 様
    シューズの屈曲性について読み、こちらに飛んできました。自分は学生で、普段は踵接地なんですが中距離専門なので前方の接地を意識してウェーブエンペラーJAPANを使用しています。このようにあえて自分の走りとは違うシューズ、矯正を目的とするのはフォーム改善に良いのでしょうか?

    • 超速ランナーを目ざす人様
      コメントを下さいまして、有難うございます。
      とても嬉しく思います。
      超速を目指して頑張ってくださいね!!

      ところで、ご質問の件につきまして
      走りを拝見していないので、なんともコメントをしづらいですが、
      シューズでフォームを矯正するというのはなかなか難しいと思っています。

      身体が変わる→履くシューズが変わる
      の順番だと思っています。

      もし、フォアフット〜ミッドフットでの接地をされたいのであれば、
      先ずはしっかり足の指を使うことを意識してみてください。
      また、裸足で走ったり歩いたりすることを取り入れることで、自然とミッドフットになります。

      ぜひいろんなことを試して、最速を目指されてください。
      頑張ってくださいね!!

  • こんにちは
    僕は陸上部で中長距離をしている中学生ですが、
    北川さんの記事を読んでシューズに興味を持ちました。練習から試合まで使えるシューズでおすすめを教えてほしいです。いままではHANZO Tを使っていて不満は無いのですが買いかえようと思っています。足長は左右ともに立位で22.8で座っていてもほぼ変わりません足幅はDです。あと、試し履きでターサージールのフィット感は気に入ったのですが、ミッドフット接地であまりつま先で蹴らないタイプなので向いているのか気になります。プロネーションはニュートラル~やや内側重心で踵はあまり減りません。長文になってしまいましたが返事よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。