ジェットコースターのような1ヶ月

2018年7月…。

本当に色々なことがあった。

「サロマンブルー」を達成したサロマが終わって、
まだ1ヶ月と1週間しか経っていない…笑

サロマが果てしなく昔に感じるほど
濃密な1ヶ月。

サロマの悔しさは測り知れないものがあった。
それに加え、仕事、恋愛、人間関係…。
たくさんのことで悩んだ。
苦しんだ。
感情の変化があった。
勝手に燃え上がり、勝手に鎮火…。
そんなこともあった。

その一方で頑張っている人を目の当たりにし、
無茶苦茶大きな刺激を受けた。

だからこそ、こちらももっと真剣にならないといけないし、
もっと頑張らないといけないって!

こんな感情が短期間で変化した月はなかったかも知れない。
それくらい濃密な、一年分くらいの感情の変化をこの1ヶ月で…。
もちろん、良いことも悪いことも。

喜び、楽しみ、涙し、苛立ち、
悩み、悶々ともし、苦しんだ。

だけど、この1ヶ月で
いろんな気付きを得ることが出来たし、
それは次に向かうエネルギーとなっている。

長い目でみたら、恐らくこの「2018年7月」というのは、
とんでもなく大きいものになるかもしない。

そんな大切なことに気付いた1ヶ月。

「自分の気持ちに正直に生きること」の大切さ

これまで凄く抽象的に話をしてきたけど、
具体的に書くと、

これまではちょっと強がっていたというか、
何となく無理をしていたというか…。

「これをやっておいたほうが良い」
とか
「仕事上、これをやるべきだ」
的なものに強く縛られすぎていたような…。

もちろんこれは大切なんだけど、
それがストレスの原因になってしまっては仕方ない。

「今という瞬間」を最幸に生きるためには、
どういう選択をすれば良いのかって。

そう考えた時に、
「捨てるべきものは捨てる勇気を持つ」
「本気になれることだけをやる」
「自分の気持ちに素直になる」

今の自分であれば、

①眼前のお客様と真摯に向き合うこと
②マラソンにおいて自分の記録をもう一度目指すこと

「これもやんなきゃ!」
「あれもやんなきゃ!」
って余計な感情が入り混じって、
眼前のお客様に集中出来なかった時があったな…
ということを深く反省…。

やっぱりこの2つにフォーカスすべきだって。
そんな単純なことに気がついた。

8月は仕事面において、大きく舵を切っていくことになりそうです。

「より狭く深く」

その色合いを強く出して仕事に向き合っていきたいと思います。

*****************************************
【北川司マラソン塾始めます!!】
①サブスリー塾
②サブ3.5塾
詳細はこちら↓
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/marathonjuku/
*****************************************
【伸び代診断実施中!!】
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/nobishiro_shindan/
*****************************************
【シューズコンサル受付中!!】
スポーツショップB&D様で行えるようになりました!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2018_4/
*****************************************
【北川司マラソン塾!遂に開講!!】
1)サブスリー塾
2)サブ3.5塾
※詳細は11/26公開します。
*****************************************
2018年度のメニューを一新しました!!
詳細はこちら
http://tsukasakitagawa.com/menu2018_2/
*****************************************
マラソン快走のための必読書
「フルマラソン快走のための手引き」
無料配布中!!
是非ご入手下さい!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
*****************************************
フルマラソンを楽に走り切るための秘訣、遂に公開!!
今なら無料で「フルマラソン快走のための手引き」を差し上げています。
これはフルマラソンを快走するために必要な知識を纏めたものです。
「フルマラソン快走のための手引き」を入手する
これを読んで、フルマラソンを「快走」しましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。