【完走記】第1回日本最北端わっかない平和マラソン②

第1回目となる
「日本最北端わっかないマラソン」。
その響きに惹かれ、思わずエントリー。
直前まで色々なことがあり、出場するかも迷ったくらい
体調は良くなかった。

しかし、エントリーしたからには出場したい!
北海道の仲間と会いたい!

そんな思いから、出場に踏み切った。

以下、完走記になります。
お時間のあります方、お付き合い下さいますと幸いです。

第1話はこちら
http://tsukasakitagawa.com/2018/09/07/1st_wakkanai_1/

【完走記】第1回日本最北端わっかない平和マラソン②

◯記録
2時間58分01秒
(前半:1時間28分03秒 後半:1時間29分58秒)

◯ラップ(5km毎)
(スタートまで)2秒
20分50秒→20分52秒(10km:41分42秒)
20分57秒→20分55秒(20km:1時間23分36秒)
20分24秒→21分05秒(30km:2時間05分05秒)
21分55秒→21分54秒(40km:2時間48分54秒)
9分07秒

◯携帯したもの
アスリチューン ポケットエナジー:黒3個、白3個
電解質パウダー:5袋
芍薬甘草湯:1包

◯ウェア等
・キャップ:adidas
・Tシャツ:第33回サロマ湖100kmウルトラマラソン参加Tシャツ
・パンツ:adidas
・ソックス:adidas(普通のもの)
・シューズ:adizero takumi ren boost 3 W 24.0cm

10km〜20km

相変わらず強い向かい風。
そして一人旅。
なかなか進まない。

感覚的にはキロ4分は切っている感じなのに、
時計を見ると4分05秒程度かかっている。

時計によってペースを上げ下げすることは
基本的にはしないのですが、
取り敢えず3時間を切るペースで進んでいることだけを確認。

ひたすら我慢の時間が続く。

そして15km。
この5kmは20分57秒だった。
まぁ今日の感じだとそんなものだろう。

20kmが近づくと、海沿いを離れ、山側の斜面を登っていく。
通常上り坂はペースが落ちるのだが、向かい風を受けなくなった分、
相殺といった感じか。
感覚的には楽に感じる。

そして20km。
1時間23分36秒。
この5kmも変わらず20分55秒。

20km〜30km

程なくすると中間点。
1時間28分03秒。

結構3時間はギリギリ!?
結構ヤバイんじゃない!?
下りたらまた向かい風だぞ!?

そんなことが頭を過る。

その後折り返すと、程なくしてサブスリーのペースメーカーが。

「こんなに近かったか?」
「まぁそうだろうな…」

一瞬疑問に思ったが、すぐに当然のことだと思い直す。
このペースメーカーに抜かれないことを考えて走ることに。

そして25kmを通過。
この5kmは20分24秒。
アップダウンはあるものの、向かい風を受けなくなった分
ペースが上がる。

そんな時間もつかの間、
25kmを過ぎると、再び海沿いへ。

向かい風が強くなってる…。。。

もろに正面から風を受ける。
ペースが落ちる。
感覚は変わらないけど、かなり押し戻されるのを感じる。

そして、30kmの関門。
2時間05分05秒。

30km〜40km

30kmを過ぎると、
サブスリーのペースメーカーに抜かれる…。

海沿いを離れた区間でペースが上がったのにも拘わらず、
差が詰まっているということは…。

後ろがペースアップしたということ!

そこで冷静になって考えてみる。

サブスリーペースで行ったとすると…
2時間07分30秒…。

うーん。
2分半程度の余裕がある…。

自分の走りをしていれば大丈夫!
ペースメーカーが見える位置をキープしよう!

風に戻される状況には変わりはないけど、
淡々とリズムを変えずに進んでいく。

ただ、普段とは違い、やたら自分の走っているペースが気になる。
いつものペース感覚とかなり違うので、不安になる。

ふと時計に目をやると、
キロ4分20秒程度で走っているようだった。

このまま行けば大丈夫か!?

そして35km。
この5kmは21分55秒。

相変わらずの向かい風。
一向に進まない。

この5kmで40秒貯金を使ったので、
貯金はあと2分ないくらいか…。

23分くらいまでは落ちても大丈夫か…。
急に弱気になる。

ペースは4分30秒程度まで落ちてきた。
流石にヤバイかなぁ…。

でもそれ程足に来ている感覚もない。
向かい風がなくなれば…。

40kmが近づくと、コースが西向きから北向きに変わることを
コース図を見て知っていた。

案の定、38km過ぎにコースが北向きに変わる。
向かい風を受けなくなる。
急に身体が楽になる。
ペースも上がる。

ずっと風を受けないかと思っていたら、
また西向きに…。
また向かい風…。

そんなことを2、3回繰り返していると、
40kmの関門。

正確にはマットは敷いてあったけど、40kmの表示は見えなかった。
でも時計を見る限り、40kmの関門以外に考えられなかった。

40kmの通過は
2時間48分54秒。

サブスリーはほぼ確信する。

40km〜finish

ここから先は向かい風を一切受けなかった。
脚は元気だったが、これまでのペース感覚にハマっていたせいか、
ペースアップは出来ず…。
レース序盤のペースに戻せたくらいだった。

この区間で前のランナーを2人ほどパス。

北の防波堤が見えると、
最後は右にカーブをとり、最後の直線へ。

サブスリーのペースメーカーが一足先にゴールをしていたため、
ペースメーカーが出迎えて並走してくれた。

北海道で有名な作田徹さん。

そして、ゴール!!

2時間58分ちょうどくらいだった。

ゴール後

年代別で2位ということで、
表彰式へ。

1位は誰か…。
と思いきや川内優輝選手!!

この分不相応なタイムで隣に並ぶのは
恥ずかしいものではあるけれど、
とても良い経験となりました。

もう少しマシなタイムだったら
まだ格好がついたかもしれない…。

と、そんなことを思いつつ、
複雑な心境で表彰台へ。

なかなかないシチュエーションなので、
とても良い記念となりました。

少しでもこの差を埋めれるように
もっと頑張っていこう!!

今気付いたけど、
川内選手って30代だったのですね。

20代とばかり思っていたので、
今更ながら少し驚いています。

レースを振り返って…

夏はしっかり取り組むべきことは取り組むことが出来た。
しっかり走れる自信はあった。

だけど、10日程前から、身体に異変が生じ、
不参加も考える状況だった。

だけど、出場をし、
この向かい風の中、56回連続のサブスリーを達成出来たことは
とても嬉しいことでした。

とても素晴らしい大会なので、
是非来年のご参加をご検討されてみては如何でしょうか?

風は逆向きのこともあるらしいですよ…(^o^)
だとしたら、ずっと追い風です笑

第1話はこちら
http://tsukasakitagawa.com/2018/09/07/1st_wakkanai_1/

追記

このマラソンの直後、
平成30年北海道胆振東部地震
が発生し、多くの道内に住む方の
日常生活が奪われました。
どうかこの困難を乗り越えられ、
1日も早く日常の生活に戻れますよう
心よりお祈り申し上げます。

*****************************************
【シューズコンサル受付中!!】
スポーツショップB&D様で行えるようになりました!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2018_3/
*****************************************
LINE@始めました!
これから音声を中心に発信していきます!!
ご登録はこちらから↓↓
「北川司公式LINE@」
https://line.me/R/ti/p/%40nxs8891g
*****************************************
2018年度のメニューを一新しました!!
詳細はこちら
http://tsukasakitagawa.com/menu2018/
*****************************************
マラソン快走のための必読書
「フルマラソン快走のための手引き」
無料配布中!!
是非ご入手下さい!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
*****************************************

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。