24時間走で履く靴について考える①

これについては、自分の中でもまだまだ迷っているので、思いつく度に書いていこうと思っています。

24時間もの間走り続けるわけですから、身体は大きく変化していきます。
前半戦と後半戦、当然靴は変えるつもりでいます。
浮腫んでくるでしょうし、フォームも変化していくわけです。

ポイントは以下の3つ。

①シューズの屈曲性を変える必要があるのか?
②クッション性の高いものに変える必要があるのか?
③サイズはどの程度大きくすれば良いのか?

①シューズの屈曲性について

これは、
「そのフォームにおいて一番走りやすいものを選択する!」

ということに集約されるかと思います。

屈曲性については、フォームに依存するべきだと思うので、そのフォームにおいて一番走りやすいものを選択する。

そして、スタート時と時間が経った時とどの程度フォームが変わるか?
ということを考える必要があると考えています。

自分の場合…
当日の状態が良ければ、
割と硬めのもの→少し柔らかめのもの

当日の状態がそれほどでもなければ、
少し柔らかめのもの→少し柔らかめのもの

で考えています。

②クッション性の高いものに変える必要があるのか?

これははっきり言って未知数です。
これからのトレーニングの過程で変わっていくかも知れません。

ただ個人的には、
「使い慣れているもの」を使うことが良いかな、と考えているため、幾つかのパターンを用意しても良いと考えています。

③サイズはどの程度大きくすれば良いのか?

よく浮腫むからサイズを上げましょう!
といいますが、実際そんなに「足長」という意味ではそれほど大きくはなりません。

むしろ大きくなるのは、足幅であり、足囲です。

例えば、普段
adizero japan boost 4 25.0cm(Men’s)
を履いているとした場合、足が浮腫んでいる場合、

adizero japan boost 4 25.5cm(Men’s)
にするよりも、
adizero japan boost 4 25.0cm(wide)

にした方が「足囲」としては大きくなります。

だから、自分の場合、
「ワイズを上げることを最優先に、その上でサイズを上げる必要があるのか?」
を模索していきたいと思います。

また思いつくままに書いていきたいと思います。

*****************************************
【シューズコンサルティング実施中!!】
たくさんの方にご好評頂いている。「シューズコンサルティング」絶賛受付中です!!
ご予約お待ちしています。
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2018_4/
*****************************************
マラソン快走のための必読書
「フルマラソン快走のための手引き」
無料配布中!!
是非ご入手下さい!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
*****************************************
【魚の目・巻き爪など足元のトラブルでお悩みの方はこちら!!】
http://g.co/kgs/rJYZDz※スマホ・タブレット
http://spo-care.com/course※PC
*****************************************
フルマラソンを楽に走り切るための秘訣、遂に公開!!
今なら無料で「フルマラソン快走のための手引き」を差し上げています。
これはフルマラソンを快走するために必要な知識を纏めたものです。
「フルマラソン快走のための手引き」を入手する
これを読んで、フルマラソンを「快走」しましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ランニングシューズ選びのプロフェッョナル。履くシューズを変える「だけ」で痛みやトラブルから解放。1000名以上のランナーの足を救ってきた実績を持つ。自身もランナーであり、100kmマラソンのベストタイムは7時間37分。