あなたは何足シューズを無駄にしてきましたか?
何度「買ったのに合わない」を繰り返してきましたか?

ランニングシューズ・コンサルタントの北川司です。

皆さん、正しくシューズを選ぶことが出来ていますか?

これまで、1000名以上のランナーの足を救ってきた北川司が、
あなたのシューズ選びのお手伝いします!

あなたはこんな悩みを持っていませんか?

・走ると必ず水ぶくれや血豆が出来る
・膝から下が異常に疲れる
・故障を抱えていて、なかなか治らない
・足に合うシューズがない
・外反母趾である
・偏平足である
・アキレス健(周囲)炎である
・腸脛靭帯炎である
・鵞足炎である
・坐骨神経痛である

実はこれらの悩み、ランニングシューズを変える「だけ」
改善する可能性があるのです。

ランナーの90%は間違ったシューズを選択している!?

約4年間、都内のランニングステーションにおいて、
シューズをアドバイスをする仕事をしてきました。

1000名以上ものランナーの足を見てきましたが、
正しくシューズを選ぶことが出来ているのは本当に一握りなのです。

殆どランナーが「正しく」シューズを選ぶことが出来ておらず、

サブスリー(フルマラソンを3時間以内で走ること)ランナーでさえ、
多くのランナーが正しく選べていない現状

を間の当たりにしました。

私はこの現状を変え、1人でも多くのランナーが今よりも「快適に」
走ることが出来るようお手伝いをすることが私の使命であると感じます。

何故正しく選べていないのか?

販売店に行けば、簡単にシューズは手に入ります。

インターネットで試着もせずに購入することも可能です。

多くの人が、

「初心者だから初心者用で」

「このデザインが可愛いから」

といった感じで、
簡単に入手出来てしまいますよね。

そのせいでトラブルが多発してしまうのです!

しかも、残念なことに…

抱える多くのトラブルがシューズが原因であるという
認識が少ないのです。

結果、トラブルがシューズが原因であるのにも拘わらず、

「自身のフォーム」のせいにしてしまったり、

「初心者だから仕方ない」と諦めてしまったり、

そして、それらを理由にして、ランニングを止めてしまう…。

せっかく趣味で始めたのに…

せっかくダイエットしようと思ったのに…。

そんな、あなたにランニングの楽しさを知ってもらいたい…。

とても残念ですよね。

そうならない人を多く生みだすのが、私の使命です。

最大の理由、それは「緩い」こと

緩いシューズを選ぶことは、多くの怪我の要因となってしまいます。

足が靴の中で動くことにより、

当然、血豆や水ぶくれができやすくなります。

更に、足首が安定せず、常に足首には余計な力が加わります。

それは、アキレス腱炎、アキレス腱周囲炎、捻挫
など大きな怪我の要因にもなります。

しかも…

「足元が安定しない」

ということは

「身体の他の部分で身体を安定させる必要がある」

必要があり、足腰の様々な箇所の痛みの引き金となってしまうのです。

痛みや苦しみから解放する!

私の役割は、

「痛みや苦しみのないランニングライフをお送り頂くこと」

マラソンを走る度に血豆が出来る…。
膝の痛みがいつまでも治らない…。

そんな辛い生活から解放されましょう!

その方法とは?

実は、ランニングシューズを正しく選ぶに当たり、
重要なことはたったの2つ。

それは

①足の形

②身体の使い方

あなたが、フルマラソンをどのくらいで走られるのか?

あなたの走歴がどのくらいなのか?

そんなこと関係ありません。

足に合ってさえいれば、気持ち良く走れます。

気持ち良く走れれば、ランニングが楽しくなります。

初心者だからといって、わざわざ分厚いシューズを選ぶ必要もありません。

もちろん、筋力が不足していることで起こるトラブルは出る可能性はあるでしょう。
それはただ筋力が不足していることが原因。
その場合には、補完するトレーニング方法をお伝えします。

「常識」に捉われた世界から飛び出してみましょう!

「常識」を疑ってみる

巷に溢れているシューズ選びの常識。
本当に正しいのでしょうか?

例えば、私の場合…

「シューズはレベルで選ぶべき」
→クッション性のシューズから薄いシューズに変えたら、怪我がなくなった!

「練習用と本番用を使い分けるべき」
→練習も本番用で走った方が走りやすい!

「クッション性は脚に優しい!」
→クッション性のあるシューズを履いたら、脚痛くなりました!

「薄いシューズは脚を痛める!」
→薄いシューズでも脚痛くないですが…?

「北川さんだからじゃないですか?」
と言われそうですが、
私は何が言いたいかというと…

「常識が正しくない場合もある」

ということです。

では、

常識に従って選んでいるのに、何で血豆や水ぶくれが出来るのでしょう?
クッション性のあるシューズを選んだのにどうして怪我をするのでしょう?

常識が間違っていると断言するつもりはありません。

ただ、これだけは忘れないでください。

「一度、常識を疑ってみる」

これが絶対に必要なのです。

シューズ選びを失敗し、アキレス腱を発症

走り始めて3年余り、大きな怪我をしました。

それはアキレス腱炎。
長く辛い時間でした。

約1年もの間、走れませんでした。

その原因が、

「緩いシューズでマラソンを走ったこと」

序盤で既に違和感がありました。

中盤から痛みに変わりました。

でもアドレナリンが出ているせいか我慢出来ました。
そんなこんなで何とかゴールしましたが、
くるぶしが原型を留めていないくらい、パンパンに腫れ上がっていました((+_+))

最初、原因が分かりませんでしたが、追求していったところ…
その原因はシューズにあることが分かりました。

シューズが原因でこんなに大怪我になってしまうんだ…。
「緩い」シューズは脚を壊すんだ…。

約1年もの間走れませんでしたが、
この痛く苦しい経験が私をこの道に導いてくれたのです!

あなたでも出来るトラブルを回避するランニングシューズの選び方

ご自身でも出来るシューズの選び方。
是非実践してみて下さい。

①足が浮腫んでいないかを確認します。
座った状態で足の長さを測ります。
③測定した長さ+1~1.5cmのサイズを基準にします。
④自身がO脚かどうかを確認します。(O脚の場合は要注意。詳しくはこちら。)
⑤足がシューズの中で動いていないかをチェックします。
※履いた時に「しっくりこない」ものは選ばない。

お客さまの声

40代男性のお客さま
「ソールの厚さとランニングレベルは関係ない!」

ランニングにも慣れてきた頃の私の悩みは、足がつりやすいことでした。 
そんな悩みを解消すべく、以前北川さんの「ウルトラマラソン講習会」に
参加させて頂きました。 
講習会の中で参加者ひとりひとりの足・姿勢を分析し、
その人にあったシューズを提言するコーナーがありました。
 私はそれまでショップで提示されるレベルを参考に
シューズを選んでましたが、それよりさらにソールが薄いシューズを勧められました。 
半信半疑で勧められたシューズを購入しましたが、
それ以来フルでもウルトラでも足がつらなくなりました。 
北川さんはよく
「ソールの厚さとランニングレベルは関係ない」
ということをおっしゃってますが、まさにそれを実感しました。 
正しいフォーム・ペース配分・補給以前に、正しいシューズ選びの大切さを教えて頂きました。

60代男性のお客さま
「薄いシューズに替えて、サブ3.5を達成!」
走り始めたころは、初心者向けシューズということで、
クッションのある「フルマラソン4-5時間くらいのランナー向け」
と表示されたシューズを、練習中心にレースも使っていました。
特に、NB社製のシューズはフルのタイム別のシューズの種類の
表示がわかりやすく、好んで選んでおりました。

3時間半の壁にぶつかり、なかなか突破できなくなっていた頃、
シューズカウンセリングにおいて、
「前着地・踵着地、外側着地・内側着地のタイプかを知ること」
「シューズのクッション性とプロネーション」
「緩い幅広のシューズの足への負担の大きさ」
について知ることが出来ました。
今まではレースで履くことなど到底考えもしなかった、
「超薄底のフラットなシューズが自分のタイプには最適」であることを知り、
それもフルのレースで履くことを薦められ、
「清水の舞台から飛び降りる」気持ちでレースに使ったところ、
一切の足への痛みもなく、3.5時間という壁も一気に突破することができました。
新たな知識を柔軟に吸収し、勇気をもってトライしてみることの大切さを
改めて学ばせて頂きました。
シューズは、ランナーにとって、最重要なアイテムであり、
最大の同伴者であることから、これからもシューズ選択には最大限の関心を払って、
レースにそして練習にも臨みたいと思っています。

30代男性のお客さま
「膝の痛みが出なくなった!」
以前からランニングの時に左足の膝が痛くなる傾向にありました。
それは自分でシューズを変えても状況はあまり変わらなかったのですが、
北川さんに歩き方から足の形から、自分にあったシューズを選んでいただいてから
その膝が痛まなくなりました!

40代女性のお客さま
「お子様が靴を大切に扱うようになった!」
小学生の娘と高校生の息子の靴を選んでもらいました。
サイズを図ってもらいながら、靴の正しい履き方を教えてもらい、
時間をかけてぴったりと足にフィットする靴を選んでもらった2人。
とても履き心地がよく快適だったようで、
「すごいねこの靴、履いてないみたいだったよ」と息子。
「すごく早くなったみたい。飛んでいきそう」と娘。
そして、何よりも嬉しかったことが、何度注意しても靴紐を解かないで脱ぎ履きしたり、
靴の踵を踏んでいたのが、教えてもらった正しい履き方を実践し、
大事に大事に履くようになったこと。
足に合った靴は子どもたちにとって大事な宝物のような1足になったようで、
粗雑に扱うことなん出来なかったようです。
成長期の子供の靴はとかく大きめのものを選びがち。我が家もそうでした。
半年、短ければ数か月でサイズが合わなくなってしまうことも。
でもこれだけ大事に履いてくれて、意識がかわるのであれば。
そして合わない靴が引き起こす弊害を考えたら成長期の子供にこそ
足に合った靴を選んであげる必要があると思いました。

あなたはこれから何足シューズを無駄にしますか?

まだ合わないシューズを購入し続けますか?
まだ合わないシューズを履いて、痛みと向き合い続けますか?

①これまでの知識と経験を終結して、一切の妥協をすることなく
あなたにぴったり合うシューズお選びします!

②定価でシューズを購入するよりも安価な値段で
シューズ選びをサポートします!

③正しいシューズの選び方を伝授し、
今後はお客さま個人で「正しく」選べるようにします!

④正しいシューズの履き方を伝授します!

コース一覧
(料金は全て税抜きとなります。尚、シューズの購入費用はご負担頂きます。)

※システム変更に伴い、6/14以降、税抜価格とさせて頂きました。ご了承願います。

・基本コース(カウンセリング&シューズ選び(約2時間半))
   (1名様)10,000円(2名様)15,000円

・パーソナルトレーニング
   1,000円/10分(60分~時間は応相談)(1名様で受講)
   1,500円/10分(60分~時間は応相談)(2名様で受講)
   2,000円/10分(60分~時間は応相談)(3名様で受講)
   ※トレーニングの質を保つため、4名様以上のご受講は原則お断り致します。

お申込みはこちら
http://tsukasakitagawa.com/basic_course/(シューズコンサルティング)

http://tsukasakitagawa.com/personal_training/(パーソナルトレーニング)

○基本コース(カウンセリング&シューズ選び(2時間))

・現状の確認(悩み、トラブルの有無など、じっくりお話をさせて頂きます)
・あなたの履いているシューズのチェック
・足の計測、身体の使い方の確認
・あなたの足にフィットするシューズ選び
・その他オプション(ソックスなど)のご提案(必要があれば)
・あなたが行うべきストレッチ、トレーニングを伝授

○私がシューズを選ぶときの手順

①カウンセリングで身体の状態を確認します。
②足が浮腫んでいないかを確認します。
③足の形を見ます。
④アーチの有無を確認します。
⑤座った状態と立った状態で足の長さを測ります。
⑥身体の使い方をチェックします。
⑦シューズを選びます。

○私がシューズを選ぶメリット

・血豆や水ぶくれが出来なくなる
→血豆や水ぶくれは走り方が悪いのではなく、正しくシューズを選べていないことにあります。
・疲労を軽減出来る
→合わないシューズを履くことにより、余計な外力がかかり疲労します。
・故障が改善する
→故障をする一番の原因は、「足元」が安定していないこと。
「足元」を安定させることで、多くの故障は改善されます。
・外反母趾が悪化するのを防ぐことが出来る
→外反母趾の原因の多くは、合っていないシューズを履くことで起こります。

具体的な流れ

1、都内にてあなたのシューズ&足&身体の使い方のチェックします。
 ※ご希望の場所などございましたら、ご指定下さい。
2、必要な簡単なストレッチ、トレーニング方法をお伝えします。
3、足と現在のシューズのチェックが終わり次第、渋谷へ移動しランニングシューズ専門店で一緒にシューズを
  選びます。(お客さまの最寄りのお店でのご購入も可)
4、正しい履き方についてお伝えし、必要であればオプション(ソックスなど)もご提案致します。

○シューズ1足分のお値段、無駄にさせません!

「誤って合わないシューズを買ってしまった!」
そんな経験おありではないですか?
最近のランニングシューズの相場は、1万円〜1万5000円程度。
シューズ1足分の料金を私に託して下さい。
あなたに「ピッタリ」合うものをお選びさせて頂きます。

○一度ピッタリの感覚を味わえば、次からはお一人で選べる!

一度「この感覚!」ということを味わうことで、
次回どのようにお選び頂ければ良いかが分かるようになります。
つまり、「一度」その感覚を知るということは、
今後ずっと「シューズ選びで失敗しない」可能性が高いのです。

お申込みはこちら
http://tsukasakitagawa.com/basic_course/(シューズコンサルティング)

http://tsukasakitagawa.com/personal_training/(パーソナルトレーニング)

○奇跡を生んだエピソード

翌々日地方でのフルマラソンに参加予定の女性のお客さま。
なんと記念すべき初マラソン!
出発前日の21時頃。電話が鳴り。

「私の持っているシューズの中で、レースでどれを履いたらいいか分からない」

との問い合わせ。
急いで駆けつけ、持っているシューズ全てを持ってきてもらい、履いて頂いた。
しかし、どの靴も全く合っておらず、どれで走ってもトラブルが出ることを確信((+_+))
時間が遅く、どのスポーツショップも閉まっている時間。

そこで、足の形と身体の使い方から、大よそ合いそうなシューズを判別。
翌日早朝から空いている店に取り置いてもらい、それを購入頂きレースに出て頂いた。

すると!大きなトラブルが出ることなく、完走(^^♪
自分の中でも奇跡的な出来事だった。
そんな奇跡をあなたにも!

○パーソナルトレーニングコース

お客さまのご都合に合わせ、ご一緒にトレーニングをさせて頂きます。
場所・実施時間等はお客さまのご都合に合わせますので、お気軽にお問合せ下さい。

料金:1,000円/10分(60分~時間は応相談)(1名様で受講)
   1,500円/10分(60分~時間は応相談)(2名様で受講)
   2,000円/10分(60分~時間は応相談)(3名様で受講)
   ※トレーニングの質を保つため、4名様以上のご受講は原則お断り致します。

お申込みはこちら
http://tsukasakitagawa.com/basic_course/(シューズコンサルティング)

http://tsukasakitagawa.com/personal_training/(パーソナルトレーニング)

***************************************************
【プロフィール】
北川司(きたがわつかさ)
1981年6月27日生

「ランニングシューズ・コンサルタント」
として1000名以上のランナーの足を救ってきた経験を持ち、
有名人やマラソン選手にもアドバイスをした経験を持つ。

かつて、自分自身が誤ったランニングシューズで長距離を走ったことで、
約1年間走れなくなるような大きな怪我を負い、
そのことがきっかけで、シューズについて追究するようになる。

「多くのランナーの脚を救いたい!」

という強い想いで、活動を行っている。

※詳しいプロフィールはこちら
***************************************************

***********************************************************************
【シューズの「少し合わない」を解決する!!】
靴修理のスペシャリストをお招きします!!
シューズの可能性が広がりますよ!!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/seminar20171112/
***********************************************************************
シューズコンサルティング実施中!
詳細はこちら!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/service2017/
***********************************************************************
「フルマラソン快走のための手引き」
無料でプレゼントしています!!
お申し込みはこちら!
http://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
***********************************************************************
新しいコミュニティ「Up to U」が発足!!
詳細・お申込みはこちら
https://tsukasakitagawa.summon.jp/plans/189
※お申込みには本サイトへの会員登録(無料)が必要です。
***********************************************************************