常識を「一度」疑ってみる

常識という言葉

よく分からないので、辞書で調べてみた(笑)

**************************************************************
【常識】
一般の社会人が共通にもつ、
またもつべき普通の知識・意見や判断力。
「―がない人」「―で考えればわかる」
「―に欠けた振る舞い」「―外れ」(goo辞書より)
**************************************************************

う~ん。
やっぱりよく分からない…(笑)

常識とは抽象的

先ず、「一般の社会人」ってどんな人なんだ?
で、「もつべき」って誰が決めた?

抽象的過ぎて、全然分からないんですよ!(笑)

常識っていうのは、凄く抽象的なんです。

抽象的なんだから、定義はないんです。

「多くの人が正しいと思ったら、多分それは常識」

「社会や世間に洗脳され、正しいと思い込まされても、恐らくそれも常識」

ひねくれ者?

はい、そうですが、何か…(笑)

正しくない常識はたくさんある

っていうことはですよ!

正しくない常識が
世間にはたくさんあるはずなんです!

そもそも正しいとか正しくないっていう概念そのものが
ないんじゃないかって思うのですが、それはさておき…(笑)

「これって、常識でしょ?」

「常識的に考えてあり得ない~。」

それは、「その人」が正しいと思っているだけであって、
「実態として本当に正しいかどうかなんて分からない」んですよね。

一度でいいから、当たり前を疑おう

では、これをシューズに置き換えると…。

例えば、

「シューズはレベルで選ぶべき」

「練習用と本番用を使い分けるべき」

「クッション性は脚に優しい!」

「薄いシューズは脚を痛める!」

「初心者が薄いシューズを履くと脚を痛める!」

これらは僕らの世界では常識とされていること。

でも、常識とされているから正しい

ってことはないんです。

かといって、「間違っている」とも言い切れない。

何が言いたいかって、

「一回、当たり前を疑おう」ってことです。

疑った上で、正しいなら正しい、

間違っているなら間違っている

でいいんです。

是非一度、世間で常識とされていることについて

疑ってみて下さい!

新しい発見があるかも知れませんよ。

世の中は不思議だらけです。(笑)

*****************************************

【足元を整えてランニングエコノミーを高めよう!!】
靴をしっかり選んで、靴をしっかり履いて、足元を整えましょう!!
その一助となるアイテムをご紹介します!
詳細はこちら
*****************************************
【シューズコンサルティング実施中!!】
詳細はこちらです。
https://tsukasakitagawa.com/post_lp/consulting_2019_3/
*****************************************
【魚の目・巻き爪など足元のトラブルでお悩みの方はこちら!!】
http://g.co/kgs/rJYZDz※スマホ・タブレット
http://spo-care.com/course※PC
*****************************************

フルマラソンを楽に走り切るための秘訣、遂に公開!!
今なら無料で「フルマラソン快走のための手引き」を差し上げています。
これはフルマラソンを快走するために必要な知識を纏めたものです。
「フルマラソン快走のための手引き」を入手する
これを読んで、フルマラソンを「快走」しましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です