【ギアの選択について】第32回サロマ湖100kmウルトラマラソン

第32回サロマ湖100kmウルトラマラソン
〜迷った2つのアイテム〜

サロマ湖100kmウルトラマラソンの完走記を書いています。
今回は、当日とても迷った
「ギアの選択」について書いていきたいと思います。

完走記はこちらからどうぞ。
※第1話はこちら
※第2話はこちら
※第3話はこちら
※第4話はこちら
※第5話はこちら
※第6話はこちら

迷ったウェア選択

当日の最高気温の予想は、19℃。
朝は冷たい雨が降っていたけど、
気温は上がる予想だった。

そのため、ウェアの選択は非常に迷った。
迷った選択肢は以下の2つ。

①Tシャツにアームウォーマーにゴミ袋を被る
②Tシャツの下に、以下のウェアを着用し、ゴミ袋を被る

結果的に、気温が上がるという予想を信じ
①Tシャツにアームウォーマーにゴミ袋を被る
スタイルで臨むことに。

これが結果的に裏目に出るのだが、
実は、着る予定だったかも知れないこのウェア。

とても優秀で
「軽くて、汗冷えしにくい」
ことが特徴。

メジャーなファイントラックのウェアも優秀だけど、
このウェアもメジャーではないけど、とても優秀。
多くのランナーに勧めたいアイテムの1つです。

このウェアの詳細はこちら。
http://www.shani.co.jp

このプロモーション動画に私が出ていたりします…。(6分32秒辺りから出ています。)https://www.youtube.com/watch?v=rWfcJJ6x5L0

幾度もこのウェアに助けられてきたのに、
何故に…。
これも長丁場に亘るウルトラマラソンにおいては
とても難しいところです。

結局、当日の気温は10℃前後で推移。

※大谷崇弘さんより頂きました。有難うございます。

「何故これを着なかったんだ…」
と激しく後悔。
そんなことを思っても、後の祭りだった。

結果的には、冷たい雨風に打たれ、低体温症に。

迷ったシューズ選択

迷ったのはこの2足。

①adizero takumi sen 2 24.0cm
②adizero takumi sen 2 24.5cm

同じシューズのサイズ違い。
本当にレース当日の朝ギリギリまで迷った。

「この間があればなぁ」
と思っていたけどどうしようもない。

前者の24.0cmはフィット感は良いが、明らかに小さく指先が当たる状況。
後者の24.5cmは従来まではピッタリだったが、
最近足が小さくなったせいか、ほんの少し緩い感覚。

※足底のトレーニングをしているうちに、
アーチが形成され足が小さくなった…。

そのため、都内の某スポーツショップで、
24.0cmのシューズを
シューストレッチャーで伸ばしてもらい、少し伸ばすことに。

2日程置いてもらい、履いてみると少し大きくなってる!!(^^)

「これならいける!!!」

と思い、現地に持っていった。

しかし…
前日に履いてみると、
「元に戻ってる???」
感覚でやっぱり小さい。

当日朝に改めて履いてみても、
やっぱりかなりキツい…。

仕方なく、24.5cmのシューズを選択することに。

やっぱり緩いシューズはトラブルの元

これは常々私がお伝えしていること。
それを自身で体現する形になってしまった。

少し緩いシューズを選択してしまったことで、
靴の中で足が動き、
更には、悪い路面で足元がふやけ、
レース終盤は足の指先は激痛が走る事態に…。

秋に向けて、自身のシューズ選びについても
改めて考え直します。

完走記はこちらからどうぞ。
※第1話はこちら
※第2話はこちら
※第3話はこちら
※第4話はこちら
※第5話はこちら
※第6話はこちら

*****************************************

【足元を整えてランニングエコノミーを高めよう!!】
靴をしっかり選んで、靴をしっかり履いて、足元を整えましょう!!
その一助となるアイテムをご紹介します!
詳細はこちら
*****************************************
【シューズコンサルティング実施中!!】
詳細はこちらです。
https://tsukasakitagawa.com/post_lp/consulting_2019_3/
*****************************************
【魚の目・巻き爪など足元のトラブルでお悩みの方はこちら!!】
http://g.co/kgs/rJYZDz※スマホ・タブレット
http://spo-care.com/course※PC
*****************************************

フルマラソンを楽に走り切るための秘訣、遂に公開!!
今なら無料で「フルマラソン快走のための手引き」を差し上げています。
これはフルマラソンを快走するために必要な知識を纏めたものです。
「フルマラソン快走のための手引き」を入手する
これを読んで、フルマラソンを「快走」しましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です