【完走記】第34回サロマ湖100kmウルトラマラソン③

第1話はこちら
https://tsukasakitagawa.com/2019/07/06/34th_saroma_1/
第2話はこちら
https://tsukasakitagawa.com/2019/07/08/34th_saroma_2/
第4話はこちら
https://tsukasakitagawa.com/2019/07/11/34th_saroma_4/
第5話はこちら
https://tsukasakitagawa.com/2019/07/14/34th_saroma_5/

【記録】
7時間47分05秒(ネット:7時間46分55秒)
※50km(前半):3時間41分07秒(47.3%)
※50km(後半):4時間05分58秒(52.7%)

【順位】
総合25位(3281名出走)
※部門別18位

【ラップ(5km毎)】
21分46秒→22分28秒(10km:44分15秒)
22分17秒→21分41秒(20km:1時間28分15秒)
21分48秒→22分11秒(30km:2時間12分14秒)
22分01秒→22分10秒(40km:2時間56分26秒)
※フルマラソン通過:3時間06分02秒
22分29秒→22分13秒(50km:3時間41分07秒)
23分34秒→22分39秒(60km:4時間27分21秒)
23分04秒→23分38秒(70km:5時間14分04秒)
23分40秒→25分52秒(80km:6時間03分38秒)
25分23秒→26分44秒(90km:6時間55分46秒)
25分37秒→25分39秒(100km:7時間47分05秒)

【携帯したもの】
※以下を二つのウエストポーチに分けて入れておく。
※一つはスタート時から携帯し、一つはドロップバッグへ。

アスリチューン(黒・白・金合わせて):12個
電解質パウダー:12包
タケプロン(15mg):2錠※胃酸のpHを上げる
ロペミン:2カプセル※下痢止め
芍薬甘草湯:4包※万が一、痙攣したときのため
ユニフィルLA錠200mg:4錠※気管支拡張剤(喘息持ちのため念の為)

【実際に補給したもの】
アスリチューン(黒・白・金合わせて):12個※ほぼ10km置き
※公式HPはこちら:https://athletune.com
電解質パウダー:12包※ほぼ10km置き
その他固形物(バナナ、あんぱん、そうめん、お汁粉など)

【レース当日の食事】
◎4時間前
・おにぎり2つ
・味噌汁
・オレンジジュース(100%)
◎3時間前
・バナナ1本
◎2時間前
・ウィダーinゼリー 1個
◎1時間前〜レース直前
・電解質パウダー2包
・アスリチューン赤

【当日身につけたもの】
◎上半身
・第33回サロマ湖100kmウルトラマラソン参加賞Tシャツ
・アームウォーマー(adidas)
・キャップ(nike)※友人からサロマ激励のためにプレゼントされたもの
・メリノウールグローブ(R×L)
◎下半身
・ハーフタイツ(膝上までのもの)
◎ソックス
・TAIKAN CORE(ロング)※趾を使うためのソックス
※公式HPはこちら:https://taikan-core.jp/
◎シューズ
・adizero takumi ren boost 3 W 24.0cm(adidas)


※昨年のサロマ参加賞Tシャツで挑むことに。


※勝負の足元は、
adidas takumi ren boost 3 W 24.0cmとTAIKAN CORE(ロング)

10km〜20km

10kmの通過は44分15秒。

10kmくらいを過ぎると、大体今日の調子とペースが大体分かってくる。

それにここまではウォーミングアップ的な要素が強い。

若干遅い感はあったけど、ここから少しずつペースが上がるので気にしない。
ただペースを上げすぎないことだけに注意を払い、淡々と歩みを進めていく。

折返しの18.8km地点までまだ距離がある頃、早くも先頭集団とすれ違う。

「なんて速さだ!」
「世界新ペースか!?」

時計を見ると、1時間14分くらい。
景色的に先頭集団は21kmあたりを走っている感じだった。
ざっくり3分30秒/kmくらいのペース…。

先頭集団が通り過ぎた後も、次々とランナーが折り返してくる。

だが、折返しはなかなかやって来ず、折り返しそうな雰囲気な景色になってからが意外と長い。

ようやく18.8kmの折返しポイントを過ぎると、次々と顔見知りのランナーがやってくる。
このコース最大の楽しいところだ。

毎年、ここで調子に乗って、ついペースが上がってしまうところ。
でも今年は我慢。
リズムを変えずに慎重に走っていく。

間もなくして20km通過。
1時間28分15秒。
22分/5km程度で刻めているし、感覚も悪くない。

20km〜30km

更に知り合いのランナーが次々とやってくる。
仲間と声を掛け合ったり、ハイタッチしたり、とても楽しい時間。

だけど、集団の前に出ることはせずに、冷静に走っていく。
ただでさえペースが少し上がっていることは自覚していたので、これ以上上げてしまっては後半疲れてしまう…。
しかも、練習量が十分でないことは分かっていたので、慎重に慎重に…。

23kmあたり…。
ここで、何かを踏んでしまう。
左足の踵が高くなり、走りにくい…。
左右のバランスも良くない…。

このままゴールまで走るくらいなら、靴を脱いで取ろうとかも考えた。

でも、まてよ。

石を踏んだのか、飴玉を踏んでしまったのか、この段階では分からない。
もう少し走ってみよう!

飴であれば溶けていくはずなので、少し水たまりのあるところを走ってみたりした。
すると、だんだん踵は気にならなくなってきた笑

きっと飴玉だったんだな!
良かった(^o^)

なかなかレアな体験をしているうちに、30kmが近づいてきた。

いつもならスペシャルドリンクを預けているけど、今日はまさかの宿の冷蔵庫にて保冷中…笑

まぁなくてもいい準備はしてきてあるので、全くダメージはない。
手持ちの電解質パウダーとジェルでしっかりと補給を行なった。

30kmの通過は、2時間12分14秒。
悪くない感じだった。

30km〜40km

30kmを過ぎて少し行くと、国道の路側帯を走ることとなる。
少し道が凸凹して走りにくい区間でもある。

この辺りで、女性のトップランナーが追いついてくる。
少しの間並走したが、とても綺麗なフォーム。
リズムもフォームも良い感じで走られていたので、
8時間は切りたい!
という言葉に対し、アクシデントがなければいけますよ!
なんて話をしながらの並走。
「内臓の調子が心配なんですよ…」
という声を聞き、少し心配になる。

ウルトラマラソンは内臓の負担を最小限に抑えることが最大のポイント。
その方はペースを上げられたので、自分はペースを変えずにそのまま進んでいった。

そして、40km通過。
2時間56分26秒。

フルの通過は3時間06分くらいかな…。
想定通りのペースできてはいたが、少し疲れを感じ始めていた…。

40km〜中間点

フルマラソン地点を通過。
3時間06分02秒。

調子の良いときは余裕綽々。
調子の悪いときは絶望感。

このくらいの距離になると、どちらかにふれることが多いけど、今年は不思議な感じ。
とりわけ良いわけでもないし、悪いわけでもない。

いけるかもしれないけど、駄目かもしれない。
そんな気持ちからか、気分を切り替えたかった。

そこで、少し先にお手洗いが見えたので、用を足すことに。
いつもならリズムが崩れてあまり良いイメージはないのだけど、なんでもいいから切り替えたかった。

トイレから出ると、リズム良く走れるようになっていた。
よく分からないけど、とりあえずホッと胸を撫で下ろす。

ここからも淡々と。
そしていよいよ中間点。
50kmの通過は、3時間41分07秒。

ここから、ここから。

第1話はこちら
https://tsukasakitagawa.com/2019/07/06/34th_saroma_1/
第2話はこちら
https://tsukasakitagawa.com/2019/07/08/34th_saroma_2/
第4話はこちら
https://tsukasakitagawa.com/2019/07/11/34th_saroma_4/
第5話はこちら
https://tsukasakitagawa.com/2019/07/14/34th_saroma_5/

*****************************************

【足元を整えてランニングエコノミーを高めよう!!】
靴をしっかり選んで、靴をしっかり履いて、足元を整えましょう!!
その一助となるアイテムをご紹介します!
詳細はこちら
*****************************************
【シューズコンサルティング実施中!!】
詳細はこちらです。
https://tsukasakitagawa.com/post_lp/consulting_2019_3/
*****************************************
マラソン快走のための必読書
「フルマラソン快走のための手引き」
無料配布中!!
是非ご入手下さい!!
https://tsukasakitagawa.com/post_lp/free/
*****************************************
【魚の目・巻き爪など足元のトラブルでお悩みの方はこちら!!】
http://g.co/kgs/rJYZDz※スマホ・タブレット
http://spo-care.com/course※PC
*****************************************

フルマラソンを楽に走り切るための秘訣、遂に公開!!
今なら無料で「フルマラソン快走のための手引き」を差し上げています。
これはフルマラソンを快走するために必要な知識を纏めたものです。
「フルマラソン快走のための手引き」を入手する
これを読んで、フルマラソンを「快走」しましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です